「ねこ」で潤いのある暮しを。 「音楽」で豊かな暮しを。
 
「くろ玉」と「キャラ玉」が3種混合ワクチンを注射
        (2018年1月7日撮影)


2018年1月30日「くろ玉」と「キャラ玉」を1年に1回の3種混合ワクチン注射のため動物病院に連れていった。

くろ玉は、毎年のことだが、キャリーに入れるのに恐怖で泣き叫ぶし、おしっこはちびるし、かわいそうで忍びない。

くろ玉=5・78Kg(予防接種証明書 5歳5か月)
キャラ玉=4・84Kg(予防接種証明書 3歳5か月)


くろ玉は最近太ったがキャラ玉は抱き上げても痩せた感じがしたので心配ていしたがやはり体重が減っていた。
しかし、普通に元気にしているので大丈夫とは思う。
昨夜、キャラ玉の顔をみたらひげが短くなっていた。







2017/11/19 10:12:01|まちかど散歩
意味合いを付けるのは自分
「みかづき」を読んでいる。
この本の中に、「〜人生は生きる価値があるってことを〜」という言葉が出て来る。
近くのJR駅前のイルミネーションを見てこの言葉を思う。
価値あるものにするのは自分なんだと。







2017/11/16 14:26:00|まちかど散歩
公園はすっかり秋
昼休み、久しぶりに公園まで散歩した。
落ち葉が風に舞い、公園はすっかり秋だった。







2017/11/15 22:04:43|音楽
どこか切ない音色
ブログを書いていて「色彩」という言葉を使ったらチェット・ベイカーを思い出した。
なんかとても切ない音色。

 







2017/11/15 21:34:04|
本は図書館で借りるのがよいと思います。

本は図書館で借りるのがよいと思います。
お金もかからないし本で部屋も占領されません。
私が住む市の図書館では、ネットで借りたい本を検索し仕事場近くの公民館で本を受け取り返却することが可能です。
散歩の途中で公民館によって本を受け取ったり返却でき、改めてその便利さに感動します。
そんな訳で、今回は「双子は驢馬に跨がって」
と「みかづき」を借りました。 
「双子は驢馬に跨がって」は幽閉された親子を双子が驢馬に跨がって助けに行く物語。
結末がどうなるか一度読み始めたら途中ではやめられず最後まで読みました。
双子の色彩豊かな世界と親子の白と黒のモノトーンの世界は果たして融合するのか。
結末はいかに・・・・。


「みかづき」はこれから読みます。
表紙のレトロ感がたまらいです。
本の場合は何と言うのでしょうか。
レコードのジャケ買いと同じですね。
 
 


 







[ 1 - 5 件 / 165 件中 ] 次の5件 >>