光の旅人☆彡

☆☆☆宇宙が誕生して138億年・・・。 私たちはいったいどこから来て、どこに向かうのだろう・・・。 宇宙を旅すること・・・それはひたすら私たちのアイデンティティを求める旅に出ることではないでしょうか。 あなたも、あなた自身の”本質”を捜し求める”心の旅”に同行しませんか。 ・・・荷物はひとつ、”探究心”のみです。☆☆☆
 
2018/06/17 22:30:47|心の旅路
欠点を知るチャンス

※今日も一日お疲れさまでした。
部屋の中にもいいエネルギーを漂わせるには、鉢植えなどの植物を置くのも良いでしょう。花に宿る妖精
(自然霊)があなたを元気にしてくれるはずです。ただ良いからといって家中、あちらこちらに置く必要はありません。たとえば六畳くらいの部屋なら大きめの鉢をひとつ置けば充分でしょう。もしも、植物が弱っていると感じるときはあなた自身のエネルギーがダウンしている証拠だと思って下さい。


〜スピリチュアルメッセージ〜
 「欠点を知るチャンス」

私たち人間というものは、他人に関してはどんなに小さなアラにも気づくのに、自分自身のことについては、大きな欠点でさえもなかなか気づけないのではないでしょうか。


ですが、それを教えてくれるのは日々の出来事そのものです。

何か嫌なことが起きたら、それは自分の波長が引き寄せたものだと肝に命じ、そこから自分の欠点も学ぶべきです。

被害者意識に陥るだけでは何の意味もありません。

嫌なことが起きたら、あなた自身の欠点に気づくチャンスだと思って欲しいものです。日々、あなたに起こる出来事には、すべて意味があるのですから。








2018/06/10 20:00:00|心の旅路
鏡の関係
※今日も一日お疲れさまでした。

私たちが人と人と出会うのは宿命です。けれど、その宿命の世界からどの人とどんな風に縁を結んで行くのかは「運命」と云えます。 これは自分の努力によって、いかようにも変えて行けるものと学んで来ました。 今、あなたが出会っている人との絆をもう一度振り返ってみて下さい。、それは、あなたの身に起きた「小さな奇跡」かも知れません。

〜スピリチュアルメッセージ〜
 「鏡の関係」


あなたを取り巻く人間関係のトラブルの多くは、相手が自分の「鏡」だと気づかないことから起こるものです。

相手と出会ったからには、自分と波長は同じだと思って下さい。

「相手のここが許せない」と言いたくなりますが、それは自分自身の許せない部分だったりするのです。

まさに「類は友を呼ぶ」と云うことを学ぶチャンスでもあるのですから、自分自身を謙虚に見つめる作業をして下さい。




 







2018/06/03 21:30:09|心の旅路
たましいの連帯責任
※今日も一日お疲れさまでした。
本当は別の仕事がしたかったのだけれど、不本意ながら今の仕事に就いた…。そんな風に思う場合も、スピリチュアルな視点では、実は本人のたましいがその仕事を選んでいるのです。人は、我欲とは別に「たましいの意思」を持ってる…そんな風に考えてみて下さい。

〜スピリチュアルメッセージ〜
 「たましいの連帯責任」

人生にはどんな時も、因果律が働くということを理解し、よき種ばかりを蒔いて生きるように…と、これまでも学んで来ました。

ですがそこで、「私はいつもよき種を蒔いているから大丈夫、悪いことなんて起きっこない」と思っているとしたならば、まだ学びが足りていない証拠です。
 
カルマは個人レベルだけではなく、組織の最小単位である家、会社、ひいては国や地球といったレベルでも存在しているということ。

そこで起きていることは、そこに属するたましいの連帯責任と云えます。

これは決して大袈裟なことではなく、地球環境の悪化も、政治や経済の混乱も、子供たちの世界にいじめがはびこっていることなど、みんな私やあなたを含む全員の連帯責任であると云うことを忘れないで下さい。







2018/05/27 22:09:34|心の旅路
夢による”本質”からのメッセージ
※今日も一日お疲れさまでした。
関係が変わってしまったと嘆いたり、不満を口にする場合、そう思っているのは相手も同じです。 スピリチュアルな視点ではどんなことにも「波長の法則」が働いています。 自分が変われば相手も変わる。相手が変われば自分も変わるということ 自分自身を見直してみましょう。


〜スピリチュアルメッセージ〜
 「
夢による”本質”からのメッセージ」

夜見る夢のなかで、何かの音を聞いたり、光を見たという経験はありませんか。

それらはもしかして、”本質”からのメッセージかも知れません。

”本質”はいつもあなたに寄り添い、毎日を見守り、本当に必要なときにはメッセージを授けようとしてくれます。

日中である場合は、インスピレーションや他人の言葉などを介して授けようとしますが、夜間には夢を通じて授けるのがスムーズに行くのでしょう。

もしも、気になった夢があったらメモを残して置くこと。(カラーorモノクロ、登場人物、物、ストーリーなど)

そのときには意味が不明でも、無理に分析する必要はありません。

後になってから意味が解るかも知れませんから、とりあえずメモを残して置くだけでいいのです。

夢は目覚めてから、間もなく記憶から薄れてしまうものですから、枕元に筆記具とメモ帳を置くことをお奨めします。


 







2018/05/21 12:21:59|歳時記
小満

今日(521日)は24節気の“小満”です。太陽黄径60度、立夏から数えて15日目頃となります。

この頃は、陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満と云われています。

ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、梅の実がなり、西日本では、走り梅雨がみられる頃。田植えの準備を始める頃でもあります。

※走り梅雨
本格的な梅雨に入る前のぐずつく天候のことで、通常は、この後晴れた日が続き、その後本格的な梅雨に入ります。「梅雨の走り」ともいいます。

 

そろそろ、衣替えのシーズンに入ります。衣料防虫剤や、乾燥剤をそろえるなど、準備をしておくのも良いかも知れません。








[ 1 - 5 件 / 487 件中 ] 次の5件 >>