光の旅人☆彡

☆☆☆宇宙が誕生して138億年・・・。 私たちはいったいどこから来て、どこに向かうのだろう・・・。 宇宙を旅すること・・・それはひたすら私たちのアイデンティティを求める旅に出ることではないでしょうか。 あなたも、あなた自身の”本質”を捜し求める”心の旅”に同行しませんか。 ・・・荷物はひとつ、”探究心”のみです。☆☆☆
 
2018/12/12 22:03:00|星に願いを
”ふたご座”ストーリー

※今日も一日お疲れさまでした。
ふたご座流星群の季節がやって来ました。今年の極大は、12月14日21時頃と予想されています。そのためこの前後の夜、つまり、13日から14日にかけての夜と、14日から15日にかけての夜に最も見頃になると考えられます。そんな訳で、今夜はふたご座について紹介したいと思います。


カストルとポルックスは、とても仲の良い双子の兄弟。どこへ行くのも二人一緒です。

しかし、ある時、弟ポルックスの目の前で兄のカストルに毒矢が当たって、死んでしまったんだとか。ポルックスは、悲しくて仕方がありません。

「そうだ・・・僕も死んでしまおう。そしたら、カストルの所へ行ける」 ・・・と、ポルックスは、自らの命を断とうとするのですが、うまく行きません。

 「あぁ、神様。僕はどうして死ぬ事ができないのでしょう?兄は、たった1本の矢で逝ってしまったというのに・・・」。 悲しみに暮れるポルックスに意外な神のお告げがありました。

 「ポルックスよ。お前は、カストルとは兄弟であったが、全く異なる運命のもとに生まれついているのだ。兄のカストルは、人間の子供であった。…つまり『死ぬ運命』だったのだ。だが、ポルックスよ、お前は違う。お前は『神の子』だ。『死なない運命』に生まれるいているのだ。」


これには、ポルックスはとても驚きました。双子に生まれ付いた自分と兄が全く違う運命の元に生まれているなんて…。 困惑するポルックスに神様は、「天上界へ来て、他の神様たちと一緒に暮す様に」…と言います。

 「神様…いえ、お父様お願いです。僕は、兄さんのカストルと一緒に暮したいのです。たとえ、運命が違っていても・・・」。 果たして、ポルックスの願いは、神様に届きました。

そして、カストルとポルックスは、再び、一緒に暮す事ができるようになったのです。

 晴れた晩に、夜空にふたご座を探してみて下さい。ふたご座が天にある時、カストルとポルックスは、二人一緒に天上界で暮しています。そして、ふたご座が沈んだ後、カストルとポルックスは二人一緒に地の底の国で暮しているそうな…。


……流星群観察は防寒を徹底して挑んで下さい。








2018/12/05 20:23:05|心の旅路
波長を切り替える
※今日も一日お疲れさまでした。
ストレスに負けないためには、はっきりとした目標を掲げることが必要です。自分を元気づける目標があれば、頑張り甲斐もあるというもの。ストレスがたまってしまうのは、日々の些細なことに気をとられ、大局的な目標を見失ってしまうからではないでしょうか。

〜スピリチュアルメッセージ〜
 「波長を切り替える」

たとえば、嫌なことが続くと、人は自暴自棄になって「私なんてどんなに頑張っても全然だめ」、「この先も良いことなんて起きっこない」、などと思ってしまいがちです。

ですが、それはとんでもないこと。

もしもあなたが本気でそんな風に思っていたら、それが現実になってしまうからです。これは”心に描いた想いは現実を作る”…というスピリチュアルな真理そのものです。

今までがどうであろうと、これからの自分は今この時点のあなたが作り出すもの…。ですから、どんなに嫌なことばかり続いたとしても、今すぐ気持ちを切り替えれば、もう何も心配はいりません。

前向きな波長に切り替え、プラスのカルマを積み始めた時、あなたの日常は必ず明るい方に向かいます。

あなたの「この先」はあなたの波長とカルマで作るということ。霊的真理はいつもそれを約束してくれています。

このことを忘れずにいて下さい。







2018/11/26 21:52:38|心の旅路
波長が引き寄せる環境
※今日も一日お疲れさまでした。
人はよく自分がうまくいかなかったことを環境のせいにしがちです。「周りにいる人たちの相性が合わない」、「職場がよくなかったから」などと。ですが、そういう考えはあなたの成長を妨げてしまいます。どんな環境もあなたの波長が引き寄せていると、これまでも学んで来ました。ですから、自分自身のなにがそういう環境を引き寄せたのかを内観し、よりよい波長で生きるべく切り替えて下さい。


〜スピリチュアルメッセージ〜
 「波長が引き寄せる現実」

苦手の人との出会いもすべて必然です

スピリチュアルな視点に立てば全ての出会いは必然だと云います。

なぜ嫌だと感じる出会いがあるのでしょうか。

もしかしたら、自分のなかの嫌な部分を相手のなかに見ているのかも知れません。

また、同じレベルの想念の波長を持ったもの同士がお互いに引き寄せ合うものです。これを波長の法則と云います。

苦手な人と出会ったら自分自身を振り返ってみる良い機会です。それは、波長を高めるチャンスなのかも知れません。

ぜひ実践してみて下さい。







2018/11/22 14:40:00|歳時記
小雪(しょうせつ)
※気がつけば11月も終盤に差し掛かりました。朝晩、冷え込む季節になります。インフルエンザ予防接種など、体調管理を万全にされてお過ごし下さい。
 

さて、本日(1122日)は24節気の小雪(しょうせつ)です。太陽黄径240度。立冬から数えて15日目ごろとなります。 

この時期、北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れではありません。雪といってもさほど多くないことから、小雪と云われたのでしょう。

陽射しが弱くなり紅葉が散り始めるころで、いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきます。

次第に冷え込みが厳しくなってきますので、冬支度やお歳暮の準備をする目安にもなると思います。(次は12月7日の大雪です)








2018/11/19 22:51:50|心の旅路
カルマを見つめる
※今日も一日お疲れさまでした。
スピリチュアル・エネルギー例えば植物には私たち人間を癒す力が存在します。故に今のあなたの心の状態を計ることができます。 波動が低くく感じた時、どうしようもなく落ち込んでしまった時などがあれば植物に触れてみて下さい。 あなたが植物に触れて癒されると、その植物は元気がなくなり、時には枯れてしまうこともあるようです。植物に限らず自然霊からのパワーを受けられるようにしましょう。


〜スピリチュアルメッセージ〜
  「カルマを見つめる」

この世に起こることには、すべて意味があって「偶然に起こるのではなく必然」というスピリチュアルな真理があります。
 
ですが、これを都合の良い言い訳のように使う人がいます。
 
「必然だから仕方ない」などと。
 
そうではなく、どんな物事も、自分が蒔いたカルマが帰ってきたものであったり、自分の波長が呼び寄せたものと学んで来ました。
 

ですから、勝手にそうなったという意味ではないのです。
 
何事も原因があって、結果が導かれるということ。

ちゃんと原因があるのですから、そこを見つめなくてはなりません。







[ 1 - 5 件 / 505 件中 ] 次の5件 >>