北杜市小淵沢町の元FRP防水屋です。 といぅのはおもて向き。 実態は、落語とバイクとシャンソンと やしきたかじんが 好きな道楽オヤジです。社会人落語家『酔亭化枝(よってけし)』としても活躍中。落語・講演・読み語り承ります♪ 山梨では唯一の、関西弁社会人落語をぜひお楽しみください。
 
2017/11/13 3:45:03|趣味まんだら
4か月ぶりの落語会
ありがとうございます。
こんなにたいへんご無沙汰してて、それでもときおり訪れてくださる皆さまには、心から感謝申しあげます。

おかげさまで昨日12日(日)は、「とくし丸」開業以来初めてとなる高座をつとめてまいりました。
7月12日に開業してから、ちょうど4か月でございます。
日々睡眠時間を4時間確保することさえままならないなか、落語の稽古をする時間などほとんど全く確保できないなかで、それでも最後まで諦めなかったおかげでしょうか、どうにかつとめさせていただくことができました。

こんなに長い期間高座に上がらなかったのは、落語を演じるようになってから、初めてのことでした。
自分なりには反省点の多い出来ではありましたが、80名ほどのお客さまにはなんとか楽しんでいただけたようで、終始たいへん笑っていただいて、心からほっとしております。

これからまた、すこしづつ高座に上がる機会を増やしていきたいと思います。
移動スーパー「とくし丸」同様「酔亭化枝(よってけし)」も、
今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。








2017/09/03 22:38:25|明日のために
「山落語」休演のお詫び
約2ヵ月ぶりでございます、たいへんご無沙汰して申しわけありませんでした。

7月12日に移動スーパー「とくし丸」を開業して以来、予想だにしなかった怒涛の日々を重ねてまいりました。
様々にご挨拶申し上げないとならない方々にも不義理を重ね、それも全てはワタシの不徳のいたすところ、一日3時間の睡眠時間を確保するのもままならない約ひと月を経て、このままではほんとうに死ぬかもしれん、脳梗塞やらかして、そのせいで防水屋を廃業せざるを得なくなったのに、これで死んだら悔やんでも悔やみきれんと、せめて最低限生きていける時間に仕事をまとめることを優先させて、それからのひと月、どうにかやってまいりました。

もちろん収益は、とてもとても採算ベースに乗せるにはほど遠い有様ですが、とにかく長く続けていくことを最大の目標として、慌てず騒がずまずは1クール・春夏秋冬しっかり経験を積みながら、徐々に次のステップに移行できればと考えております。

ご利用くださるお客さま、提携しご協力いただいている「いちやまマート双葉店」の皆さまには、ご不便やご迷惑をまだまだおかけするかと思いますが、きっと必ずお役に立てる日が一日も早く来るよう努力を重ねますので、どうぞ長い目で見ていただけましたらありがたいです。


前置きが長くなりましたが、そんなわけで現在のところはとにかく身体の休まる暇がなく、この状態で今年の「山落語」を決行することはほぼ自殺行為だろうと、最大の協力者であるカミさんとも意見が一致、昨年NHKの番組でもご紹介いただいて、ますますお客さまのご期待もいただいていたのに、今年の「山落語」開催は、中止の決断をせざるを得ませんでした。

八ヶ岳編笠山・青年小屋オーナーの竹内ご夫妻をはじめ、関係各方面の皆さまにも多大なご迷惑をおかけして、ほんとうに申しわけない気持ちでいっぱいです。
ですが、けっしてこれで消滅させることなく、新事業にも少しは慣れたであろう来年こそは、きっと復活させたいと考えております。

それまでどうか、待っていてください。
不肖よってけし、このままでは死にません。きっと復活いたします。<(_ _)>








2017/07/09 21:32:00|趣味まんだら
嵐の前の、落語会
なんだかんだ言いながら、開業日は迫ってまいります。
いよいよ営業開始まで、あと三日となりました。

ほんとうなら開業直前の貴重な休日、しっかり休んで英気を養わなければならない?はずなんですが、やはりそこは、アナーキーな酔亭化枝でございます。
この期に及んで落語会に出演するという、神をも畏れぬ所業でございました(汗)。

とは言えこのたびの会は、お世話役の方がもう半年くらい前からオファーくださって、以後近場のワタシの高座にはすべて聴きにきてくださるという、めちゃめちゃ奇特なありがたいお方。
こんなお世話役の方の期待を裏切るわけには、ぜったいにまいりません。

開業準備と相まって、あまりのハードな日常に、なんども挫けそうになりながら、脳梗塞の再発も本気で危惧しながら、けどこれで高座で死ねたら本望やっ!

・・・それは大げさですが、まさにそこまで追い詰められた状況のなか、それでもなんとか、無事につとめることができました・・・。

すべてはこの会を仕切ってくださったお世話役のKさんのおかげです。
そしてさらに挙げるなら、こんなワタシを音曲でサポートしてくださった、尺八奏者「輿石龍花」さんのおかげでした。
ワタシひとりでは、きょうもこんなに楽しんでいただくことは出来ませんでした。
ほとんどひとりで高座に上がることの多い地元の会で、きょうのコラボはたいへん貴重な経験となりました。
龍花さんとは、機会があったらまたぜひご一緒させていただきたいと思いました。
そしてその時は、もっともっと良いコラボが企画できる、そんな予感も生まれました。

さあ、あとはもう、がむしゃらに開業に向け邁進するのみ!

7月12日水曜日、ワタシのたぶん最終章が、いよいよ幕を開きます。
モノ好きな方だけで結構でございます。
どぉかワタシの行く末を、見守っててくださいねっ(^o^)v









2017/07/06 19:50:52|変態な日常
「鹿」



鹿が罠にかかってた。

首だけはしゃんと立ち上げて

観念したように、静かに脚をたたんでた。



目があった。

「ぼく、なにか悪いことしたの?」

おれは

ぜったい猟師にはなれんと思った。









2017/06/18 23:35:05|趣味まんだら
やって良かった・・・

本日は、久しぶりの落語会でございました。
このところ、来月半ばの新規事業の開業に向け、いよいよ準備も大詰めなんでございますがそんななか、こともあろうにプライベートで次々と、心穏やかならぬ出来事が立て続けにおきまして、
本音を申しますと、とても落語どころではなかったんでございます。

早朝から夜遅くまで、次から次にやらないかんことは襲いかかってくる。
その間にも一睡もせんと横浜まで、何度も深夜の高速を往復したり。
さらにそのスキを縫うように、携帯は鳴る、メールは届く。
とても落語の稽古どころでは無くって、なんべん本気でお断りしよと思ったことか・・・。

けど、こんなワタシのために企画してくれたお世話役の方や、楽しみに待ってくださってる地域の皆さん方のお顔を思い浮かべると、とてもお断りすることなんて出来ませんでした。

で、いよいよ迎えた本番当日。
ともすればくじけそうになる心を奮い立たせながら、会場入りいたしました。
約1年ぶりに、山梨大学落研の皆さんともご一緒させていただきます。
開演の30分以上前から一番乗りして、目をキラキラ輝かせて、楽しみにしてくださってるおじいさんも。
40数席の椅子は瞬く間に埋まって、いよいよ開演。

落研部長の桃くい亭くいしんぼちゃんは、ほんとに落語が大好きなのが袖まで伝わってくるような、とても楽しい高座をつとめてくださいました。
短い仲入りがあって、やがてワタシの出番。
マクラから皆さんどんどん食いついてきてくださって、手をたたいて大笑いしてくださったり、心から楽しみにしてくださってたのがひしひしと伝わってきて、あれだけ悩んだけど、やらせていただいてほんまに良かったと思いました。
おはこびくださった両宿地区の皆さま、そしてお世話役のYさん、ほんとうにありがとうございました!

7月12日、新しい事業をスタートさせます。
けどその前に、まだもういちど落語会の予定がある。
きょうの思いを胸に刻んで、しっかりつとめさせていただこうと思いました。


写真は、
左・高座の様子、右・いただいたお花の「寄席植え」とともに(笑)








[ 1 - 5 件 / 632 件中 ] 次の5件 >>