原油価格の高騰、二酸化炭素による環境問題が、テレビや新聞等に大きく取り上げられております。 私共は、いかに消費エネルギーを減らし、環境にやさしく住まいに健康増進・利便性・快適性の向上を図るにはどうしたらいいのか考え、「高断熱・高気密」を取り入れることにしました。
 
2017/02/20 21:17:16|エコ通信
燃費半分で暮らす家 2017年度版
以前この㏋でもご紹介した「燃費半分で暮らす家」の2017年度版が発売されます。


高断熱・高気密住宅がよく理解できる一冊です。


これからは省エネ住宅が当たり前になる時代。


ぜひご覧ください。







2017/01/28 20:48:55|新住協
省エネ講習会
省エネ講習会に会場である岐阜へ行ってきました。

昨年同様、新住協の鎌田教授と東大大学院准教授の前教授の講演です。
200名を超える来場者でした。


このお二人の講演はやはり貴重です。
私も所属している新住協の考え方と前先生の考え方と両方聞くことができるので
省エネ住宅を施工する上で非常に勉強になります。

鎌田先生はQ1住宅を中心に燃費半分で快適に暮らせるための設計手法の講演でした。

前先生は話が本当に面白く、ご自分の実験結果や住宅設備の解説をしてくれるので
大変勉強なります。


最後にお二人のディスカッション。


これからの省エネ住宅の重要性・その地域に合った断熱施工大変勉強になりました。







2016/12/31 16:22:38|ちょっといっぷく
今年もありがとうございました。
昨日30日、仕事納めとさせていただきました。

今年もOB客様・新規のお客様と多くの工事をさせていただきました。
特に今年は多くの新規のお客様との出会いがありました。
本当にありがとうございました。

今後も満足していただける家づくりを続けて参ります。


今年一年誠にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

良いお年をお迎えください。
 







2016/11/25 20:28:51|エコ通信
続・高断熱・高気密の効果
11月にまさかの雪。

今朝はすごく冷えました。

また事務所の温度計ですが、今朝7時の温度です。
外気温2℃。室内は16.2℃でした。もちろん無暖房。

昨日のニュースで、雪の影響で電力需要が増加し節電を呼びかけるなんて言ってました。

昨日は一日17℃をキープしてました。

高断熱・高気密住宅では熱を逃がさない構造ですので、20℃にするにしてもわずかな消費エネルギーで部屋全体を暖めることができます。
高断熱・高気密住宅はこれからの季節に注意が必要なヒートショックにも対応しています。
家全体が一定に温度が保たれる為、健康にも配慮しています。

温度のバリアフリー。
弊社が健康住宅と名のるのは、この事です。

弊社事務は次世代省エネ基準ギリギリの断熱性能で造りました。
それでもこれだけの効果は出ています。

断熱性能を重視する家づくりは、これからの時代必須ではないでしょうか。










2016/11/04 20:10:51|エコ通信
高断熱・高気密の効果
ここにきて急に寒くなりました。

先月末から最低気温が1桁台に。

今朝もだいぶ冷えました。

今朝の7時の事務所の温度計で外気温6℃。
事務所の室内温度は20.7℃。もちろん無暖房です。


一日通して20℃に保たれています。

日中、日差しを部屋に取り入れることで部屋を暖め、暖房消費量を減らせます。

高断熱・高気密住宅の効果を実感する季節になりました。







[ 1 - 5 件 / 187 件中 ] 次の5件 >>