みんなで剣道やろうよ!〜 直心是道場〜 甲斐直心館(Kai-Jikishinkan)

山梨県・甲斐直心館(かいじきしんかん)は、「剣の理法の修錬による人間形成の道である」という剣道の理念に近づけるよう修業過程(稽古)を重視しています。「直心是道場(じきしんこれどうじょう)」の旗の下、老若男女が自己の剣道確立に向けて、楽しみながら努力・研究・工夫しています。【稽古1】水曜夜18時50分 〜20時30分・玉幡中武道場【稽古2】土曜朝6時15分〜7時45分・甲斐直心館鷹野道場=甲斐市篠原3218-2=【自主強化稽古(不定期)】月曜夜19時30分〜20時30分・場所不定期【一般稽古会】(不定期)=お問い合わせはchirochiro1965(a)yahoo.co.jpへお願いいたします。(a)は@に打ち直してください。
 
7.20 全日本少年少女武道(剣道)錬成大会!

 令和元年度全日本少年少女武道錬成大会が7月20日、日本武道館で開幕し、甲斐直心館は初日の20日に出場しました。

 入場行進、開会式直後の第1試合でBチームは埼玉のチームと対戦。橘田先生が選手の持ち味をうまく引き出してくださり、6年生1人であとは4、5年生という若いチームを切り返し・打ち込みの基本錬成では2-3という、予想以上の好内容で健闘しました。特に大将の野村君は3-0の判定で素晴らしい内容でした。一本勝負では0-2という結果でした。

 Aチームは東京の強豪と対戦。先鋒の石川さんが判定3-0という素晴らしい錬成を見せ、中堅、大将も2-1と競り勝ち、基本錬成は3(7)-2(5)という健闘。一本勝負では0-3という成績で逆転負けを喫しましたが、出場した全員が持てる力を十二分に発揮できた大会でした。

 朝3時30出発にもかかわらず、激励と差し入れをしていただいた指導者もいらっしゃって感激しました。また身内がお亡くなりになったにもかかわらず、新潟から帰県して大会に参加してくれた館生もいて、その責任感に頭が下がる思いでした。さらに、非常に素晴らしい剣士で早世した息子さんの試合以来、「孫が日本武道館に連れて来てくれた」と感涙する関係者もおり、多くのことが記憶に残る大会でした。後援会の皆さま、また指導者の皆さま大会に向けて多くのご協力、ご支援をいただき、ありがとうございました。




にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







2019/07/11 8:27:50|随想・雑観
アクセス163万件を突破

 ブログアクセスが7月9日、132万件を突破しました。5月の京都大会でも初対面の先生方から「ホームページを見ています」とご挨拶をいただきました。非常に驚いています。

 なかなか更新機会がありませんが、勝敗にのみこだわらない、剣道の本質を追究する剣道情報をお伝えしたいと思います。お読みいただきありがとうございます。




にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







7.6 第49回全国中学校大会県予選!
 第49回山梨県中学校選手権兼全中県予選が7月6日、小瀬武道館で行われ、全国大会出場者が決まりました。甲斐直心館館生らも複数の中学校から出場し、それぞれに健闘しました。中には課題を克服して次の段階に進みつつある生徒もおり、今後に期待が持てる内容もいくつか見受けられました。個人戦では4回戦進出者が最高でしたが、素直に伸びていけば将来的に上位進出の可能性も感じられる選手もいました。なお、神宮寺先生は、竜王北中以来2度目の全中監督(女子個人)となりました。おめでとうございます。

 甲斐直心館館生が出場した中学校の試合結果(3回戦まで)+準決勝以上
 【男子】団体戦
 ▽1回戦
浅川3−1梨大附属
 ▽2回戦
押原1−1石和(総本数で押原)
都留二4−1竜王北
竜王3−2忍野
 ▽3回戦
櫛形2−2竜王(代表戦で櫛形)

 ▽準決勝
玉穂4−0韮崎東
城南3−2甲府西
 ▽決勝
玉穂3−0城南
 ▽個人 @駒井(玉穂)A依田吉(玉穂)B小林(城南)B小林(湖南)

【女子】団体戦
 ▽1回戦
忍野2−1竜王北

 ▽準決勝
都留二2−2梨大附属(総本数で都留二)
城南3−1玉穂
 ▽決勝
城南4−1都留二
 ▽個人 @早川(玉穂)A宮川(押原)B守屋(梨大附)B一之瀬(玉穂)
 (男女とも団体1位、個人上位2人が大阪で開かれる全中大会へ)


にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







7.6 甲斐市親子剣道教室4回目!

 7月6日、甲斐市親子剣道教室の第4回教室を甲斐直心館道場で行いました。参加者は21人とやや少なめでしたが、この日の全中県予選に出場した選手も参加し、試合で見えた課題の克服にも取り組みました。

 この日のテーマは、「溜め(ため)」でした。「溜め」を意識するために、あえて一歩前に出る動きを抑えて、踏み込みの前進力を高める工夫をしました。

 雑巾掛けの後、正座しました。号令は中2石川君。大きな伸びのあるよい声が出ます。正座、気合稽古の後、準備体操、握る運動-開く運動を70〜80回行いました。10ずつ数える子どもたちの号令が頼もしいです。

 足さばきを行い、踏み込み面打ち。いつもなら一歩前進して踏み込み面を打つのですが、この動作の時に左足が前に出たり、一歩前に出ることによって、溜めがなくなってしまったりすることがあるので、あえていつでも打てる体勢をつくりつつ、太鼓の音で一拍子で踏み込み面を打ちました。良い面打ちができる意識が共有できました。

 打つ前に左かかとが高くなる癖があると、必然的に左ひざの裏(膕=ひかがみ)が緩んで瞬時の打ちができません。ここの張り具合が鍵です。

 面着け後はすり足での切り返しを多めに行い、ここでも溜めを意識しました。相面の稽古をしました。試合稽古も、応じ技ではなく、相面のみ。合計4本有効打突があった時点で試合終了としました。この気持ちで試合に臨むと、いい試合ができるはずです。

 先生方も試合稽古を行い、見取り稽古しました。

 子どもたちからの感想も、しっかり自分の剣道を見つめたものでした。

 次回の親子剣道教室は7月27日(土)です。まだはじめての方も参加を受け付けていますので、剣道に関心のある方はお気軽にお越しください。



にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







2019/07/04 11:58:00|稽古日誌
7.3 甲斐市剣道連盟月例稽古!


 7月3日、甲斐市剣道連盟月例稽古会が玉幡体育館で開かれ、約80人が参加しました。

 相川会長からお話をいただき、準備体操、素振りを行い、各年代に分かれて稽古をしました。特に小学生は日本武道館の錬成会に向けた切り返し、打ち込み、試合稽古などを行いました。

 中盤の団員らの休憩時間を活用して一般の先生方は稽古も行いました。

 次回、8月の月例稽古は甲斐市クラス別選手権として8月11日に開催予定でしたが、事務局の都合により8月12日午前に敷島地区で開かれることに変更になりました。




にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







[ 1 - 5 件 / 3133 件中 ] 次の5件 >>