みんなで剣道やろうよ!〜 直心是道場〜 甲斐直心館(Kai-Jikishinkan)

山梨県・甲斐直心館(かいじきしんかん)は、「剣の理法の修錬による人間形成の道である」という剣道の理念に近づけるよう修業過程(稽古)を重視しています。「直心是道場(じきしんこれどうじょう)」の旗の下、老若男女が自己の剣道確立に向けて、楽しみながら努力・研究・工夫しています。【稽古1】水曜夜18時50分 〜20時30分・玉幡中武道場【稽古2】土曜朝6時15分〜7時45分・甲斐直心館鷹野道場=甲斐市篠原3218-2=【自主強化稽古(不定期)】月曜夜19時30分〜20時30分・場所不定期【一般稽古会】(不定期)=お問い合わせはchirochiro1965(a)yahoo.co.jpへお願いいたします。(a)は@に打ち直してください。
 
2020/09/26 8:38:15|稽古日誌
9.26 甲斐直心館朝稽古!


 9月26日(土)の甲斐直心館道場での朝稽古には館生、指導者ら合わせて延べ19人が参加しました。前夜からの霧雨もあり、朝6時現在の道場内の室温は21度、湿度75%というひんやりした朝でした。竜王地区の小学校が運動会のため、小学生の参加は少数でした。

 中学生の部は館生9人、指導者は5人が参加。号令は中3鶴田君が担当しました。正座の後、6種類の素振り各20本をし、速い送り足を繰り返して腰で動く感覚をあらためて思い起こしてもらいました。前進の正面素振り、左右面素振りも行いました。

 日本剣道形を打ちました。それぞれの経験に応じた修錬をしましたが、日本剣道形は一度ある程度の時間をかけないと、流れを覚えられないかもしれません。

 面着け後は面の打ち込み5本からの2往復切り返しを2セット、面打ち、相面、地稽古2本を行い、切り返しで締めました。

 小学生は指導者4人と館生2人の特別稽古となりました。最初に指導者3人が1〜2分の立ち合いを行い、見取り稽古しました。

 小4鶴田君の号令で正座。足さばきと前進後退の正面素振りを行い、打ち込み竹刀に対する打ち込みを行いました。

 「竹刀による」剣道基本技稽古法を行いました。

 面着け後は面の打ち込み5本から2往復の切り返しと面打ちを行い、試合稽古。2試合を行いました。思いきった技も出ていました。

 26日(土)夕方の伝統文化親子教室事業「甲斐市親子剣道教室」は初心者でも剣道体験ができます。場所は甲斐直心館鷹野道場、甲斐市篠原3218−2です。

 来週10月3日(土)は親子剣道はお休みになりますので、26日(土)はできるだけ参加してほしいと思います。



にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







2020/09/24 0:42:08|稽古日誌
9.23 甲斐直心館通常稽古!


 9月23日の甲斐直心館通常稽古には館生、指導者ら30人が参加しました。館生の高校生2人も久々の稽古参加でした。

 体験入門していた竜王地区の小3男子が正式入門することになりました。たまたま小3の学年が空白だったので、ようやく小1〜中3までの全学年に館生、団員が在籍することになります。「剣道が面白い」と感じてくれているようですので、楽しみです。

 中3山田さんの号令で正座。9月26日(土)は小学校運動会のところが多いので、6時15分開始の朝稽古には小学生でも参加できる人は最初から参加してよいこと、10月7日(水)の稽古は、玉幡中学校施設が使えないため、鷹野道場で小学生を主体とした稽古にすることを伝えました。

 準備体操、6種類の素振り各20本を行い、小中学生に分かれて稽古しました。小学生は面着け前に前進の正面素振りで体育館を1往復。足だけ先に動いて止まってから竹刀を振り下ろす癖のある館生が少々見受けられるため、体を動かしながら調整しました。

 小学生は面着け後は正面打ち、小手打ち、小手面打ち、相面、面に対する応じ技、小手に対する応じ技を稽古して切り返しで締めました。

 指導者、高校生元立ちで小学生は打ち込み稽古、中学生以上は掛かり稽古を行いました。高校生2人の掛かり稽古を受けましたが、高校剣道部で鍛えられ、成長していることが感じられました。

 武道場で木刀による剣道基本技稽古法を修錬しました。小中学生に共通しているのは胴を打つ時に適正な姿勢でない館生が多いことです。

 正式入門の小3男子にあらためて自己紹介をしてもらいました。剣道は基本を身につけることが何より大切なので、自己流にならないように繰り返し基本動作、所作を学んでほしいと思います。面を着けるのには個人差がありますが、3カ月〜1年くらいは面を着けずに基本を学んだ方が着実に上達します。

 次回の稽古は9月26日(土)の朝稽古(小中学生6時15分開始)と26日(土)17時30分からの伝統文化親子教室事業「甲斐市親子剣道教室」です。場所はいずれも甲斐直心館鷹野道場、甲斐市篠原3218−2です。




にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







9.19 甲斐市親子剣道教室の6回目!


 9月19日夕、文化庁委託伝統文化親子教室事業「甲斐市親子剣道教室」の6回目教室を甲斐直心館道場で開きました。4歳から大人まで甲斐市、甲府市の20人余りが参加しました。

 中1石川さんの号令で正座。先日、甲斐直心館剣道スポーツ少年団の被表彰が発表された生涯スポーツ優良団体文部科学大臣表彰について、この親子剣道教室が評価されたことを報告しました。剣道を通して幸せな空間、時間を1人でも多くの方に味わってほしいと思います。

 全員で準備体操をし、握る運動、開く運動を子どもたちの号令で50回ずつ行いました。以前は恥ずかしさもあって1から10までの号令をかけられなかった参加者も徐々に号令をかけられるようになってきました。子どもたちの成長が実感できてうれしいです。

 竹刀を持って構え、前進後退右左の足さばきや三挙動の正面素振りなどをしました。

 送り足や前進の正面素振り、踏み込み面打ち、踏み込み小手面打ち、踏み込み小手面面などを空間打突で行いました。館生にもお手本としてみんなの前で頻繁に実技を披露してもらいました。

 この日の午前中に甲斐市内の保育園で行った剣道教室で園児が夢中になって行った打ち込み竹刀に対する連続打ち込みを館生5人に再現してもらったところ、これも盛り上がりました。3グループに分かれ、面打ち、小手面打ちを実践し、1人ずつ発表しました。全員が100点の内容でした。子どもたちも生き生きしています。

 面着け後は大人5人が元立ちになって面打ちや小手打ち、小手面打ちなどを実践しました。

 見取り稽古などを経て1分間の地稽古を2度行い、切り返しで締めました。
 
 稽古後には全員が感想を発表し、それぞれの感じ方、思いが感じられました。

 子どもたちも会話が不足しているのか、稽古後もいろいろなことをマスク越しに伝えてくれます。この日は「ぼくのお母さんは、小学校5年生の時に握力が80kgになり、それからずっとそう」「え〜! それは大相撲の力士並みだな」というような驚きの報告もありました。

 中盤に入った親子剣道教室7回目は9月26日(土)17:30〜19:00行います。

 初心者には竹刀などを無料でお貸ししていますが、一定の回数以上参加の経験者にも竹刀などをお貸しします。場所はいずれも甲斐直心館鷹野道場、甲斐市篠原3218−2です。





にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







2020/09/19 8:34:39|稽古日誌
9.19 甲斐直心館朝稽古!


 9月19日(土)の甲斐直心館朝稽古には6時15分からの中学生の部、7時すぎからの小学生の部に館生、指導者ら合わせて32人が参加しました。

 一時期の暑さも和らぎ、大分過ごしやすくなってきました。道場内の室温は27度でした。中学生の号令は中3中村さん。正座をして、学年別選手権の日程変更の件などを伝えました。

 6種類の素振りをした後、足さばきの稽古。速い送り足、しっかり股関節の可動域を広げながらの踏み込み面素振りなどを行いました。

 面着け後は5本の面の打ち込みからの2往復の切り返しを1人数回行いました。小手体当たり、小手面打ちをして、指導者元立ちで掛かり稽古。

 小学生の号令は小6小林君。足さばきを行い、同じく面の打ち込みからの切り返し、小手打ちなどを行って指導者元立ちによる打ち込み稽古などをしました。

 最後は地稽古をして切り返しで締めました。

 体験入門の小3男子が朝稽古にも参加しました。意欲的です。

 夕方17時30分からは親子剣道教室があります。第6回ですので、中盤に入ります。多くの方に参加していただきたいと思います。

 場所は甲斐直心館鷹野道場、甲斐市篠原3218−2です。





にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







2020/09/16 21:40:00|稽古日誌
9.16 甲斐直心館水曜通常稽古!


 9月16日の甲斐直心館通常稽古には館生、指導者ら合わせて34人が参加しました。竜王地区の小3男子が体験入門しました。

 中3鶴田君の号令で正座。体験入門者の紹介、生涯スポーツ優良団体文部科学大臣表彰の報告、10月7日(水)の稽古は玉幡中が利用できず、甲斐直心館道場で行うことを連絡しました。

 中3中村さんの号令で全体で準備体操、6種類の素振り各20本を行い、ここから小中学生に分かれてこまめに水分補給しながら稽古しました。

 小学生は自分の思い通りに足を動かすことをテーマにしており、体育館半面を使ってジョグ、背面走り、サイドステップ、マイムマイムの足、スキップ、両脚跳び、送り足などを行いました。小3男子も慣れない裸足の運動に取り組みました。それぞれの足の動きのコツについても、各自から発表してもらい、みんなで共有し、工夫研究しました。

 面着け後は振りかぶり時に左足を動かさないことを注意しながら面打ち、小手打ち、小手面打ち、面に対する応じ技などを行い、相面、切り返しで締めました。

 振りかぶりの際に安易に左足が動いてしまう館生と、しっかり左足の溜めができている館生の打ちの冴え、適正な姿勢の違いは歴然です。

 ちょっとしたことを注意して直せるかどうかで大きく剣道は変わってきます。左足裏で床を押すようにして右足を滑らせながら平行移動できるようになれば、遠間からでもしっかり腰の入った打ちができます。

 終わりの正座で、館生ら5人に久々に稽古の感想を発表してもらいました。ややもすればコロナ禍で自粛傾向にありましたが、適切な間隔を取って正座し、マスクをした上であれば問題はないと考えます。仕事で教育関係者を含めいろいろな方から直接お話をうかがう機会があり、それぞれの取り組みの素晴らしさを感じる一方で、甲斐直心館の伝統と良さの一つは、指導者からの一方通行でなく、館生が積極的に自分の考えや感想を発表してきたことにもあるということを感じています。

 発表者それぞれが自分の課題を把握し、その課題と向き合っていることも確認できました。

 次回の稽古は9月19日(土)の朝稽古(中学生6時15分開始、小学生7時15分開始)と19日(土)夕方の伝統文化親子教室事業「甲斐市親子剣道教室」です。場所はいずれも甲斐直心館鷹野道場、甲斐市篠原3218−2です。




にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







[ 1 - 5 件 / 3317 件中 ] 次の5件 >>