北杜市小淵沢町の元FRP防水屋です。 といぅのはおもて向き。 実態は、落語とバイクとシャンソンと やしきたかじんが 好きな道楽オヤジです。社会人落語家『酔亭化枝(よってけし)』としても活躍中。落語・講演・読み語り承ります♪ 山梨では唯一の、関西弁社会人落語をぜひお楽しみください。
 
2018/10/15 18:18:18|趣味まんだら
御礼!「ふれあい寄席〜町落語」


昨日、北杜市長坂町にございます長坂コミュニティホールにて、ふれあい寄席が無事に開催されました。
各地で様々なイベントが目白押しのなか、北杜市内を中心に、県内各地からなんと160名を超えるお客さまにおはこびいただくことができました。

北杜市の皆様にとってはもうお馴染みの、「ぽんぽん亭遊月」さんをゲストにお迎えし、アンケートの内容もたいへんご好評だったようで、きっとお楽しみいただけたのではないかと感謝しております。
おはこびくださったお客さまには、演者スタッフ一同、心から厚く御礼申し上げます。

また、今回全面的にバックアップしてくださった、主催者である北杜市のご担当者の皆さま、たいへんおせわになり、また貴重な経験をさせていただき、ほんとうにありがとうございました。
いつかまた、この素敵なステージに立たせていただくことを目標に、これからも日々研鑽を重ねてまいりたいと思いますっ。

なお、今回の寄席の模様もきっと含めた記事が、10月19日(金)、山梨日日新聞に掲載していただけるようです。もしよかったら、そちらもぜひご覧くださいねっ!









2018/10/04 5:04:34|変態な日常
第6回北杜ふれあい塾「町落語」のご案内
「山落語Vol.6」を無事終えることが出来、ほっとしたのもつかの間、次の大きな落語会が目の前に迫っております(汗)。

なんとこのたび、北杜市の北部教育センターが主催する「北杜ふれあい塾」の講師に、お招きいただくことになりました!題して『町落語』。

大きなホールです、とてもひとりではもったいないので(自信がないとも言うw)、北杜市にはこれまでもよく来演されている、「ぽんぽん亭遊月」さんをゲストにお招きします!
遊月さんは、全国の様々な落語大会でも優勝を重ねている本格派の女流社会人落語家。
きっとその魅力と話芸に、大満足間違いなしっ!!

お申し込みは不要です。お時間がおありの方はぜひ、北杜市長坂コミュニティホールへおはこびくださいね!

日時 / 平成30年10月14日(日)
     開演 13:30 <開場 13:00>
会場 / 北杜市長坂コミュニティステーション2Fホール
受講料/ 500円 ※ふれあい塾生は無料
お問合せ/北部教育センター 0551-42-1495
生涯学習課    0551-42-1373

皆さまお誘いあわせのお越しを、お待ちしておりますっ!!









2018/10/03 3:46:34|変態な日常
番組出演のお知らせ
明日10月4日(木)、YBS山梨放送で18:15から放送される「ワイドニュース」という番組の中で、ワタシのとくし丸を取り上げていただく予定です。
このところ毎日のように予告編が流れてるそうで、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
4分か5分くらいの小さな特集だと思いますが、ご興味がおありの方は、ぜひご覧くださいねっ!

・・・2年前のちょうど同じ頃、その時は「山落語Vol.5」を、NHKのニュース番組で特集していただきました。その直後、脳梗塞で倒れた。今回はどうかそんなことがありませんように(祈)。









2018/10/01 21:04:00|その他
「山落語Vol.6」写真編
左上・今回の演者

右上・打ち上げで登場した、
馬刺しやお刺身と銘酒の数々!
・・ここは山小屋でっせっ!!

左下・翌朝、台風が直撃する前に、下山の途に向かう演者・スタッフ。青年小屋の皆さんと

右下・無事に下山いたしましたっ!!



今回「山落語Vol.6」におはこびくださったお客さま、中入りで撮らせていただいた集合写真がございますっ。ご希望の方にはぜひお分けさせていただきたいと思いますので、「frp@nns.ne.jp」まで、お送り先のアドレスをお知らせください。もしアドレスをお持ちでない方は、紙焼きにしてお送りしますので、ご住所を上記アドレスまでご連絡くださいねっ!









2018/10/01 20:47:00|趣味まんだら
「山落語Vol.6」無事お開き!
台風が目前に迫り、ご予約いただいてたお客様がた多数のキャンセル相次ぐ中、会場となる青年小屋に、「山落語はやりますか?やるんやったら登ります」。問合せが3件もあったそぉで。いやいや、嵐が来てますからっ(大汗)。
けど、そこにお客さまがいる限り、やらせていただきます。
そのお声を心の糧に、決行してまいりました!
もちろんまともに台風にぶつかる予測なら、実施は致しませんでしたが(キッパリ)。

そしてふたを開けてみればなんと、お客さまが演者・スタッフと同数という、9名の皆さんでございました。
それではというわけで、小屋の竹内オーナーが気を効かせてくださって、床にふかふかの布団を敷きつめ、お客さまはそこにお座りになって聴くという、今までには無かった、とってもアットホームな雰囲気。

開口一番はワタシがつとめさせていただきました。
昨年、脳梗塞後の事情により中止したお詫びから「死神・ショートバージョン」へ。
噺の途中はさんだくすぐりに、一瞬客席の一部が凍りつく場面もありましたが、なんとかオチにたどりついた(汗)。
おあとの参遊亭遊若さん、めっちゃやりにくかったと思います、ごめんなさい。
けど彼女は凄かった!持ち前の元気とサービス精神で、見事にお客さまをひきつけ、最後はかっぽれまで披露して、ワタシが壊しかけた空気を再び盛り上げてくれました!

中入りをはさんで、鹿鳴家吉遊さん。「真田小僧」の子どもがなんとも可愛らしい。ふつう小憎たらしいはずなんですが、吉遊さんが演じると、なんか憎めないんですねっ。こぉいぅひとに、ワタシはなりたい・・・。
そしていよいよ今宵のトリは、笹の家小夏さん!
先週9月24日、福井県で開催された「第11回ちりとてちん杯全国女性落語大会」において、見事優勝された方!!
本日のネタは「締め込み」。その実力に違わぬ、小屋中をぐいぐい引きつけて離さない、素晴らしい高座でした。小夏さんにトリをお願いして、ほんとうに良かった・・・。

そのあとは恒例の打ち上げ♡
青年小屋の竹内オーナー自ら歩荷してきてくださった、馬刺しやホタテなどのお刺身がズラリっ!!もはや山小屋の打ち上げではありえないっ!!
さらにワタシ自身は青年小屋でしかお目にかかれない、名だたる銘酒もズラリっ!!
とある見解の相違によるオーナー自らのレクチャーもいただきながら、長い夜は更けてゆくのでした。

こんな状況下、山落語を聴くためだけに登っておいでくださった、9名のお客さま。さらにこんな企画を今回も、心のこもったほんとうに素敵なおもてなしで迎えてくださった、青年小屋竹内オーナーと奥さまはじめ、小屋スタッフの皆さま。そして演者とサポートスタッフ「やまだむ」の皆さま。

ほんとうに、ほんとうにありがとうございました!!


写真は、常連のお客さまTさんが、この日のために作ってくださった、
サプライズの山落語コースター!めっちゃ感激しましたっ!!







[ 1 - 5 件 / 643 件中 ] 次の5件 >>