中古D300・自己補修P510・自己満足の鳥中心サイト。ハマシギの渡来直後の撮影では16羽でしたが、2/0911時では11羽でした。知ったかぶりの解説は、「野鳥図鑑」を引用・ナツメ社の快諾に感謝。一関中通信はお役目終了にて削除。スペース確保の為景色・花・一人探鳥会2016年12月以前は削除。
 
2019/07/08 4:00:00|野鳥集5版
062・ コチドリ(小千鳥)・夏鳥・留鳥
062 ・コチドリ(小千鳥)・夏鳥・留鳥・全長16p・ID7-203
特徴:オス・メス同色・夏羽:黒い前頭と褐色の頭頂の間に白線が有る・顔は白黒模様・金色のアイリング・嘴は黒く短め・体上面は褐色で体下面は白い・胸から後頸に続くリング状の太めの黒線がある。足は橙黄色。冬羽:アイリングが不明瞭になり、黒い部分の色が淡くなる。幼鳥:アイリングが不明瞭で、黒い部分は褐色みが強い。

一昨昨日まではトウモロコシ畑でしたが、一変して田んぼになっていました。
その田んぼに夏鳥がやって来て盛んに鳴き合っていましたので、約100枚近くを写しました。電柱に身を預けて手ブレ対策。その中の1枚です。

撮影:2019.07.06


撮影:2019.04.13             撮影:2017.12.30



撮影:2017.03.12             撮影:2016.03.29

容量確保の為に2015までの写真は削除しました。







2019/07/02 4:00:00|野鳥集5版
004・メジロ(目白)・留鳥・漂鳥
004・メジロ(目白)・留鳥・漂鳥・全長:12p・ID7-485

特徴:雌雄同色・額から頭部と体上面は黄緑色・目の周りは明瞭な白いアイリングがある・のどと下尾筒は黄色・嘴は黒・下嘴の基部は灰色。

昨日の「じっとするもんねー」は5分。賑やかにチーチー騒いでいましたので、ゆ〜〜っくり近づきました。給餌の時だったのでしょうか?。親鳥かな1羽が離れて直ぐに別の1羽が近くに来たので・・かんさつ〜・・とばかりフリーズ開始です。
2羽が互いに近づきあって1つの枝に・・・口開けて観察するのはシロットの証ですね(笑)。とは言っても今日は写す・・と切り替えて・・・カシカシ。わっ!・・白っ飛び。設定を変えて絞りを変えて・・・でやっとこさ写せましたが、最新式の鳥撮影モードが欲しい所ですね(苦笑)。PC処理も沢山しての写真です。
片方が年長なのかな?毛づくろいされているのかな?何度も首を挙げていました。
・・・・かわいい〜・・・・

撮影:2019.07.01


撮影:2019.05.04              撮影:2018.12.25



過去記事は、書込みスペース確保の為削除しました。
いっぱい削除しましたから、全容量の半分を使っている計算になりました。

 







2019/06/28 8:00:00|野鳥集5版
023・オナガ(尾長)・留鳥
023・オナガ(尾長)・留鳥・全長37p・ID7-427
特徴:オスメス同色・額から後頭にかけてベレー帽をかぶって様に黒い・喉は白い・翼は淡青色・背と体下面は灰色だが、脇から禍福は色が淡い・長い尾羽は淡い青色で、先端は白く、嘴と足は黒い。俗称:ギャーギャー・身近な鳥ですが警戒心がとても強いです。

家の前を走る電線に時折小集団でとまってくれますが、今年は遅かったのと少ないですね。来てくれたギャーギャー様を合わせて55枚。尾の先っぽが整っていませんが・・百戦錬磨の強者父さんなのかな〜と頭の中で考えても答えは出ませんね(笑)。

撮影:2019.06.26


撮影:2017.08.28


この後は上を向いてから「ごっくん」と飲み込んでいました(微笑)。

撮影:2016.05.28.甲府市



過去記事削除しました。







2019/06/24 4:00:00|新野鳥集U版
011・ムクドリ・ID7-506・留・漂鳥
011・ムクドリ・ID7-506(椋鳥)・留・漂鳥(南西諸島:冬鳥)・全長24p
特徴:オスメス同色・嘴と足は橙色・額と頬は白い・頭部から胸は黒い・体は灰色みの褐色・腰と下尾筒は白く目立つ。

どこにでも居るのに私的にはきちんと撮れた事の無い野鳥の1種ですね。

夏鳥達との出会いを頂けないまま6月の下旬を迎えてしまいました。
トボトボの昨朝のお帰り時間は9時でした。徒歩徒歩は元気の良い時・・まいったな〜との意気消沈気味の時はトボトボとカタカナ表現。

6時から入って忍者歩行もどきの2時間半でしたが、遠くにキビタキとカッコウとアオゲラとメジロ。それに空耳のチョッチューギュビギュビ・・・。
俺で良かったら写すけ?とムクドリの若様着地。
もう少し近づいて欲しかったのですがお忙しく動き回るしで5枚で遁走の残念賞ですが、お久しぶりの撮影でしたので掲載します(苦笑)。

撮影:2019.06.23


撮影:2017.05.29

いい具合に光が当たっていたと思います。   虫を咥えていますね(笑)。
三年半も更新していませんですね(苦笑)。


過去記事は容量確保の為削除しました。


 







2019/06/18 4:00:00|その他
夏鳥さ〜ん・2
昨年の今頃にはサンショウクイを相川土手沿いやHGやおさだ屋の徒歩徒歩作戦で、動ける範囲内で結構な数の出逢いを頂いていましたが、今年は本当に出逢えないですね。あのチリリリリーを聴きたいものです(微笑)。センダイムシクイの焼酎グビグビーも聴きたいですね〜〜(大笑)。

写せな過ぎて過去写真を再掲載するのは私だけですね(苦笑)。

HGでチリチリリリー


遠征身延山付近で焼酎グビグビー



前記事
出会いを頂けませ〜〜ん(笑)。

どうしたのでしょうか??
本日は泣きを書き込んで終わりになります。
幸せの青い鳥・・・・・あの時が一番幸せだったのでしょうか(笑)??

あのとき??ってなんだ??
HGでの1〜2分の出来事だったのですが、写せたんですよね・・・。
たまたまなのですが、偶然にも林の中の空き地でてっぺんを見ていたら、枯れた幹のてっぺんに飛来。
それで咄嗟のカシカシ。ズームしてカシカシ。もう一度ズームしてカシカシ。
見つかってしまって・・・こちらを見ているので・・固まりました。が・・時すでに遅く・・でしたね。東っ方に飛んで行ってしましました。

15枚の中の1枚が掲載した分です。

バックが明るすぎて白っ飛びの画でしたので、画像処理・・明暗は明るく3段・・コントラストは濃くを2段・・・中間色を1段濃く・・とこんな事をして載せました・・・。
スポット露光ですのでこの作業ができたと思っています。が、私の勘違いかな??。

このあとが・・昨日までの・・し〜〜〜〜ん・・状態。
写せなくて力が湧いてこないのですが・・・やまなし野鳥の会に乗った記事にてチュウサギやクサシギの飛来情報がありますので、徒歩徒歩2万5千歩で頑張ります。

おさだ屋は書く事で・・愚痴をこぼすことで・・パワーアップ・・変なおじいです。(笑)。

実際におじいになりました(苦笑)。

今朝は写真なしの文字だけでした・・・・。







[ 1 - 5 件 / 110 件中 ] 次の5件 >>