自己満足の鳥中心サイト。知ったかぶりの解説は、「野鳥図鑑」を引用・ナツメ社の快諾に感謝。スペース確保の為鳥以外は削除。一人探鳥会月1再開します。
 
2019/10/22 4:00:00|野鳥集5版
027・イカル(桑鳲)・留鳥・漂鳥
027・イカル(桑鳲)・留鳥・漂鳥・全長23p・ID7-602
特徴・オスメス同色・嘴が黄色く太く短い・額から頭頂は光沢のある濃紺・体全体は灰色・翼と尾羽は光沢のある濃紺・初列風切り中央に白斑がある。

6時に撮影で公園に入る私は気印なのかな?
イエイエ・・写せなくってかなりの焦りを感じているおさだ屋です。
この日は初っ端から歓迎を受けました。
2番目のベンチに座りながら朝日を受けて葉っぱが色付いたたところでカシカシっと合わせて65枚。でも5枚毎の砂時計の表示が長い。愛機の交代を速めようと感じております。
廿日も前の写真ですがなかなか良いものが無いおさだ屋です。笑ってこらえてネ。

撮影:2019.10.02



撮影:2018.11.              撮影:2018.02...
 


撮影:2017.11              撮影:2015.11.



 







2019/10/18 4:00:00|野鳥集5版
017・ジョウビタキ(常鶲)・冬鳥
017ジョウビタキ(常鶲)・冬鳥・全長14p・ID7-540
特徴:オス・顔から喉にかけて黒・頭は灰色(銀に見える)・体は赤いオレンジ色(目立つ)・翼に白い斑がある。
メスはとても控えめ・尾羽は橙色・目の周りの白いリングが可愛い・翼に白い斑がある。ヒッヒッとかヒーと鳴く・1メートル位の低い処を飛び回る。

今季は「来たよ・写したよ」との情報を頂いて直ぐの翌日に写せました。10月中旬ですから昨年より早く来訪したことになります。

撮影:2019.10.17            撮影:2018.11.25


撮影:2017.10.18             撮影..2017.02.01


撮影.2016.10.21             撮影.2016.10.21



容量確保の為前記事および写真は削除しました。







2019/10/15 4:00:00|その他
一人探鳥会?・爪痕報告?
10月は野鳥の入れ替わり時期に当たりますね。

私の一人探鳥会の殆どがトヨタ販売山梨本社傍の土手から始まります。
相川⇒荒川橋⇒貢川⇒美術館⇒福祉公園⇒みだい南公園⇒自宅です。
時々「やまなし野鳥の会」に紛れ込んで遠征。友人に連れて行って貰える県内外遠征。鳥と鳥の写真の師匠との遠征もあります。
公共交通機関を乗り継ぐ時間との切羽詰まった撮影会もありますが、とりわけ山梨の探鳥地2番片山周辺が多いですね。
時々、穂坂まで行く時が有りますが1日3本のコミュニテーバスとの時間調整は我儘を言ってはおれません(微笑)。
自然公園は1年のご無沙汰中で有りますが、7回も行きました。バスの運転手さんも顔を認識して下さいましたっけ。ただね〜ここまで行くと帰りがね〜難点何点南天のど飴・・1時過ぎのバスに乗って韮崎駅着。電車で竜王駅下車・20分後のバスなのでバス停竜王新町へトボトボ。でもって六科下のバス停下車。3時50分頃。これが最短のコースとなります。
甲府駅まで行くと休日間引き運転の為、1時間半は遅れます。

今回は14日朝6時に福祉公園・西側Pから探鳥会開始です。
期待に胸ふくらませて降りたPはゴウゴウとの濁流の音が。
耳を鳥の声に集中させても静寂さだけです。

13日の台風による風の強さを物語る枝の散乱が目立ちました。

アカマツの樹上にメジロがやってきたのは6時05分。歓迎の集団は30羽程。
続いてヤマガラ・カワラヒワ・ハシボソガラス・シジュウカラ。
嬉しくなってカメラの電源を入れました(微笑)。

ただ皆様はお声掛け程度で・・次々と去っていきます。
今までの棲家が荒らされたのですから適地を探しているのでしょうね。
と自己完結の自問自答。

写せないままの1時間を費やした忍者歩きの足に疲労感を覚えました。
吐息と共に見上げた櫛形山の頂上には雲が罹って来て見えなくなっていました。
これは確実に雨が降ります。

しかし空腹には勝てません。
腹が減っては写真は撮れず・・とばかりに身障者用P近くのベンチで朝ゴパンをほおばります。誰にも出遭わなくてよかったです(笑)。格好悪いんです。バクバクと食べる姿を見た我が子に注意を受けた事が有ります(苦笑)。
「お父さん!かっこわる〜い、落ち着いて食べて下さい!」って(大笑)。

ガビチョウが来ましたが、繁みの中で存在を示しただけ。
フリーズして粘ったんですが出てきてはもらえませんでした。残念賞。

帰り道は結構出会いを頂けている場所を通るので期待しながらの帰路となります。
しぼみかけた胸が少し膨らみます。

御勅使南公園が見えるPまで来てしました。
7時15分・台風19号の爪痕・アカマツやポプラが根こそぎ倒れています。
私が見たのはチェーンソウで適度にカットされた姿でしたが、自然の猛威に身が縮む思いでした。

オッがね〜・いじのせぎ訛りで独り言。故郷弁で独り言って変かな〜(笑)。

文字が多くて・・鳥が無くて御免なさい。4枚だけ・爪痕写真。




いつも足を休めるために座るベンチはセーフでした。
靴を脱いで休むんですが変ですかね〜。
個人的な「お休み処」は確保。
福祉公園側の私的「お休み処」も無事でした。

一人探鳥会はひと月1回を目指します。
お若いフレッシュさをびんびん出しているA子さんとB男さん、またお会いしましょうね(微笑)。
 







2019/10/12 4:00:00|野鳥集5版
012・イカルチドリ(桑鳲千鳥)・留鳥
012・イカルチドリ(桑鳲千鳥)・留鳥・全長21cm・ID7-202
特徴:雌雄同色・嘴が長い・足は黄色で長く、過眼線や黄色のアイリングは淡苦目立たない・前頭は黒く、頭頂は褐色で、胸から続く細いリング状の黒斑が有る・体上面は褐色で、体下面は白く、足は黄色。

今朝は写真を撮るには少し暗い6時半の撮影開始。
バスの停の発車時刻までは20分チョットの限られた時間で撮影に臨みました。
橋の下の中州に降り立った野鳥がいましたのでソロリと接近します。
あれ・・こっちを向いて警戒モードでした。
きっと私の頭部分が見えたので警戒したのでしょうね。
そんな中での連写5枚。フリーズした甲斐が有ったのでしょうか?彼氏の体制は変わりませんでしたのでズームアップして5枚。
約3年ぶりの再会もバス時間が迫る中での10枚の中の1枚です。

この後は6時58分発のミ○○行きに乗車しました。
でね・・・このバスには乗客が一人のせいか57分着だったんですよ。危なくってよそ見やノロノロとしていられませんね(笑)。

撮影:2019.10.06



撮影:2016.11.08


撮影:2016.01.11


 







2019/10/08 4:00:00|その他
119・ツツドリ(筒鳥)・夏鳥
119・ツツドリ(筒鳥)・夏鳥・全長32cm・ID7・・・
特徴:オスメス同色・頭部から胸、体上面は灰色・体下面は白く、太めの黒い横斑が有る・個体差で細いのもいる・尾羽は長く、白斑がある・虹彩は濃い橙色。下尾筒に横斑が入る。

某河川の土手を小早くっから(朝6時少し前)歩いていると、河原の草むらから飛び出して、近くの電線に着地?。慌てて撮ったのがツツドリでした。
やっぱりシロットじゃんね〜。5連写を1回だけで、ズームアップできないまま遁走の憂き目にあいました。
モニターでの確認ではカッコウみたいな・・・少し違うような・・・PCで見ても下尾筒の横斑が濃いし・・・迷ったのでご相談をしたらツツドリとの回答を頂きました。いつもご協力を頂きましてありがとうございます。

撮影:2019.10.05




119番目の新顔さんでした。今後ともよろしくお願いします。







[ 1 - 5 件 / 113 件中 ] 次の5件 >>