主機D300・サブ機P510・おさだ屋の自己満足の鳥中心のサイトです。説明文はナツメ社刊行「野鳥図鑑」より引用。ナツメ社の快諾に感謝しています。一関中通信は役目終了にて削除しました。スペース確保にて探鳥会シリーズ2017年分から前は削除しました。都合により「タムロンAF70-300oF/4-5.6ニコンFマウント用新品開封し立てですが、8,000円。応相談。
 
2019/01/15 4:00:00|野鳥集5版
046・ホシハジロ(星羽白)・冬鳥
046・ホシハジロ(星羽白)・冬鳥・全長45cm・ID7-42
特徴:オス・胸、上尾筒、下尾筒が黒い・頭の部分はレンガ色・彩色は赤い・嘴は黒く、中央部が灰色。
メス・頭部から胸が茶色・目の周囲は白っぽく、色彩は暗色・白いアイリングがあリ、目の後方に白い線がある。体上面、体下面は淡い灰色で褐色の斑がある。嘴は黒く、中央部が灰色だが、ほとんど無い個体もいる。

本日の写真もPC処理をしています。また遠目の写真でしたのでトリミング加工をしました。今一つぱっとしませんが、本年最初の一人探鳥会での写真です。

撮影:2019.01.05



逆光ですのでPC処理は沢山しました(笑)。

撮影:2016.11.02


撮影:2014.11.04..07:10..甲府市







2019/01/12 4:00:00|野鳥集5版
098・スズガモ(鈴鴨)・冬鳥
098・スズガモ(鈴鴨)・冬鳥・全長:45p・ID7-047
特徴:オス・頭部は黒緑色で光沢ある・胸、上尾筒、下尾筒、尾羽が黒い・背は淡い灰色で、細かく黒い波状斑がある・脇と腹は白い・嘴は青みのある灰色で先端は黒い。
メス・頭部から胸が茶色・脇と腹は灰色かかっている・嘴の基部にある白斑が目立つ。
共通点・虹彩は黄色。

朝日が出始めた7時半ころ、足音を立てないように近づいてのカシカシでしたが今一つ・・・。朝なんだな〜〜と実感出来る水面の赤っぽさが重なって、スズガモのメスが余計に赤茶色に見えてしまいましたので、PCの編集ソフトにて明るさや鮮明度やコントラストと色成分減少調整などの処理をして、見た目の色に近づけて掲載しました。

撮影:2019.01.05


撮影:2016.12.10..甲府市
画像をクリックすると特徴が判ります。左オス。右メス。


海での撮影ではありませんよ(笑)。湖ですが強風で波がザブザブと立ち体を持って行かれそうな状況でしたが、おさだ屋の新顔さんとして98番目の登録をしました。


 







2019/01/09 4:00:00|野鳥集5版
097・ルリビタキ(瑠璃鶲)・冬鳥(山梨)・漂鳥
097・ルリビタキ(瑠璃鶲)・冬鳥(山梨)・漂鳥・全長14cm・ID7-536
特徴:オス・額から体上面が光沢のある鮮やかな青色(瑠璃色)・白い眉斑があル・喉から体下面は白いが脇腹は山吹色・足は黒い・尾羽は光沢のある青色でを上下に動かす。
メス・体上面はオリーブ褐色・白いアイリング・眉はんは不明瞭・体下面は白胃が脇腹は橙色・ジョウビタキのメスと縄張り争いを良くする。

山道を歩きました。開けたところは駐車場?かな、桜の木があり何かが動いていましたのでめくら打ち。前ピン後ぴん数十枚。何とか写せた全15枚のうち1枚を掲載。2年前の約束が果たせたかな?次回は3度目の正直となれます様に(苦笑)落ち着きますね(笑)。

撮影:2019.01.05



強風の中、武田の杜中腹に避難していた私の前方に黒く見える何かが動いていましたので、オートモードでカシ。Aモードにしてカシカシと2枚。マニュアルモードにした辺りで気が付かれてしまいました。手前の細かい枝が邪魔ですが初顔さんなので掲載いたしました(笑)。

撮影:2016.12.10..甲府市

画像をクリックすると大きくなりますが、期待しないでね。細かい枝にピントが合っていて後ろ向き。警戒していて逃げる態勢だったですね(笑)。次の撮影ではもっと良い写真を掲載しますね。
 







2019/01/06 4:00:00|野鳥集5版
057・オオバン(大鷭)・冬鳥・留鳥
057・オオバン(大鷭)・冬鳥・留鳥・全長39p・ID7-175
特徴:オスメス同色・目(虹彩)が赤い・額(額板)と嘴が白い・足は黄緑色・ズングリした体形・繁殖力旺盛で年2〜3回とか。

朝7時半に到着した撮影現場・・つま先が冷たいのなんのって・・・。水面が赤く染まったころ沢山写しました。お日様が充分に当った8時頃、無害?と思ったのか近づいて来てくれた1羽。この子はモデル志望かな?120枚のカシカシのなかで結局一番綺麗に写せていましたので掲載します。

撮影:2019.01.05



2017年を迎えてからこの野鳥を写す為の目的で家内の都合を聴きますと、「明日がいい」との即答でしたので(ありがとう感謝しています(照れ笑))。早速朝早い時間でしたが目的地に赴き5か月ぶりのカシカシができました。

撮影:2017.04.13

赤い目と額板の白さが写し込めた・・と思っています(微笑)。


ここから下は昨年末の記事です。

撮影:2016.11.02..山中湖村
1000羽の大集団の中の4羽が一緒に移動していたのでカシカシしました。


撮影..2016.04.03..甲府市

潜水したばかりなので水滴が残っていますね。

撮影..2015.11.28..甲府市



撮影..2014.02.22..甲府市







2019/01/03 4:00:00|野鳥集5版
004・メジロ(目白)・留鳥・漂鳥
004・メジロ(目白)・留鳥・漂鳥・全長:12p・ID7-485

特徴:雌雄同色・額から頭部と体上面は黄緑色・目の周りは明瞭な白いアイリングがある・のどと下尾筒は黄色・嘴は黒・下嘴の基部は灰色。

「じっとするもんねー」と待つこと15分??もっとかな~??少し遠くで囀っていた群れがほぼ真上まで来てくれました(微笑)・・で、いつもの他人には見てほしくない動きが始まります。体をゆ〜っくりひねって・・といつもの変な格好ですが、何とか見られる画になりました。誰かが来たのでしょうか?飛び去った後で体を戻す・・・。お決まりの腰トントンは言うまでもありませんね(笑)。

撮影:2018.12.25




カメラのモニターがくるりと回せるものが出ているんですね~。腰をひねらず写せますね(大笑)。


過去記事は書込みスペース確保の為削除しました。
 







[ 1 - 5 件 / 134 件中 ] 次の5件 >>