夢を育むお手伝い。    HOOK(フック) かんきょう 『協育』事務所へようこそ!!

HOOK(フック)とは、釣り針のことです。 子供たちが思い描く夢や希望を、 質の良い自然体験活動と、環境教育のワークショップなどを通じて育てることを支援させて戴きます。 大切な子供たちは、たくさんの人たちの「協力」があって健全に育ちます。 是非この『協育』に、お手伝い下さい。
 
2018/04/11 17:21:15|活動報告
ラボ・ツー・クラス 魚釣りでの環境教育の広がりを求めて・・・

いよいよ新年度が始まりました。
あんなに寒かった冬が嘘みたいに、一気に訪れた春―。
あっと云う間に桜は満開を過ぎてしまいましたね。

昨年末に更新して以降、
新年度になるまで、活動をご報告して居りませんでした。
もちろん、その間も色んな活動をして居りましたが、
あえてリアルタイムでの紹介を見送っていたのです。

実はタイトルにある様に、
自分の活動の原点である「魚釣り」の、
環境教育的効果の確認と、
実践を通じての広がりを求めて、
海の環境NPOが展開している、
ラボ・ツー・クラスのプロジェクトに参加して居りました。

ここでも何度かご紹介させて戴いている
福島県にある水族館、『アクアマリンふくしま』様の、
全面的なご協力を戴き、
1月19日・20日の2日に渡り、地元の小学生を招いて、
釣りの公開講座を開催して来ました。

当日は、ツイキャスと連動して、
ネットでライブ配信も致しました。

その後、公開授業に向けて、
プロジェクトチームで創り上げた教材や、
公開にあたっての「思い」を、記したコラム。そして、
背景にあった様々な環境教育の、
トピックをまとめたファクトシートなどなど・・・。

これらのコンテンツが、
ラボ・ツー・クラスのHPでアップされるのを待って、
やっとこの全てが新しくなるこの春に、
このブログでも紹介させて戴く事に致しました。

ラボ・ツー・クラスは、様々な教育者が、
海の環境教育を行いたいと考えた時に、
特に海についての知識や経験が少ない方であっても、
このサイトから無料で教材をダウンロードできたり、
専門家が行う授業の内容を動画で確認できたり、
WEBを通じて海の研究が行われている実験室(ラボ)と、
教室(クラス)を、繋いでいこうと云う取り組みです。

公開授業に来てくれたのは、
元気な6年生が6名。そのうち2名は女の子です。

直前に一緒にお昼ご飯を食べてから始めたので、
お互いに緊張することもなく、
フランクな雰囲気で授業が始まりました。

1日目は、釣りに出掛ける前段階として、
先ず、釣りたいお魚の事を知らないといけません。

そこで、この事前学習用の教材と開発した
「お魚のごはんは何だ!?」を、
体験してもらいました。

写真は、その時に子供たちが描いてくれた絵ですが、
どんな活動だったかは、
是非とも、このラボ・ツー・クラスにアクセスして、
確かめてみてください。動画もアップされています!!

この日のトピックは、産まれて初めて、
水族館の水槽で釣りをさせてもらいました。
もちろん許可を戴いて、針も外しての釣りでしたが、
魚がエサを咥える瞬間を、
子供達と一緒に観察できました。

その後、2日目の実釣に向けて、
仕掛けつくりまで行って1日目は終了―。

迎えた2日目は、いよいよ実釣です。
自分で作った仕掛けで魚を釣り、
その魚を自分で捌いて、調理して、食べる―。

この様子も、ラボ・ツー・クラスのサイトで
確認して下さいね!!

リンクのトップにしてあるので、
どしどしアクセスの程、よろしくお願いいたします。

最後の写真は、キレイに食べ終わった、
お魚の写真、見事でしょ!!
いやあ、美味しかったなあ!(^^)!







2018/04/13 7:30:00|活動報告
門出の春 旅立ちと新たな出会い(専門学校卒・入学式)

自分が非常勤講師として出向いている、
新潟県の妙高市にある専門学校で、
二つの学生たちの門出の式が行われました。
例年、わが校のお隣にある、
全日本ウィンタースポーツ専門学校と、
合同で門出の式を開催しています。

先ずは3月―
平成29年度の卒業生達が、学び舎を後にしました。
それぞれの学科で、専門的な知識と技術を身に付け、
それぞれの進路へと、また新たな旅立ちです。

今回の卒業生の中には、
当方の活動に、
自らの意思で手伝ってくれた学生もいました。

また、2年生の時の実習で、
一緒に水辺を遊び尽くした、学生もいます。
一緒に魚料理を作って食べたりもしました。
だからこそ、色んな思い出もあり、
感激もひとしおです。

既に新年度になった現在、それぞれのフィールドで、
学校で学んだ事を活かし、頑張り始めた事でしょう。
いつの日にか、また何処かのフィールドで、
彼らと今度は社会人として一緒に仕事ができる事を、
とても楽しみにしています。

夜の謝恩会では、学生達からのおもてなしを戴き、
楽しい時間を過ごさせてもらいました。
みんな、頑張れよ!!

そして4月―
また新たな新入生達が妙高の地に集まって来ました。
それぞれの夢を描いて、25名の仲間が共に学びます。

会場に入ると少し緊張した面持ちの新入生達が、
びしっと前を見つめて座っています。

今後、新卒者の激減が予測されているため、
大学も含めて、様々な学校で、
カリキュラムの刷新や体制の見直しなど、
大幅な改革が進められて居り、
わが校も例外ではなく、総授業時間にゆとりを持たせ、
より質の高い授業にできる様にしました。

そんな時代だからこそ、
今後の発展が期待されるアウトドア業界に、
自分の未来を託して全国から集まって来てくれた、
この学生達の背中を、
精一杯に押してあげたいと思っています。

例年、式の後は学校に戻って歓迎パーティーなのですが、
今年は早くも、
午後から宿泊でのオリエンテーションに臨むそうです。
そこで互いの夢や希望を共有しあって、
これから順次始まっていく、
様々な授業に取り組んで下さい。

この新入生達に直接授業ができるのは、
秋からになってしまうのですが、
今後よろしくお願いします!!

一緒に頑張りましょう(^v^)

写真は上から

1枚目 
学生達を見送る卒業式の会場

2枚目
式後のパーティーで改めて全員に卒業証書授与

3枚目
今度は新入生を迎える入学式の会場

4枚目
緊張で一点を見つめて座っている学生達







2018/04/12 9:00:00|活動報告
やまなしエコティーチャー・イルカのKちゃん(未就学児にむけて2)

昨年末、やまなしエコティーチャーになって初めて、
未就学児に向けての環境学習会を実践させて戴きました。

会場となった花鳥保育所さんの子供達から、
お礼のお手紙や似顔絵を戴いた事など、
当日の活動の様子も含めて、紹介させて戴きましたね。

そして、年が明けた2月―。
なんと花鳥保育所さんと同じ笛吹市内にある、
石和第一保育所さんからも、ご依頼を戴いたのです!!

前回の取り組みで得た好感触―。
今回にも活かそうと考えていました。
可能な限りいっぱい話しかけて、
イルカのKちゃんのお話を、端に可哀そう・・・。
ではなく、心と体をいっぱい使って、
子供たちが考えられる様に進めたつもりです。

この日はたまたま2月23日―。
山梨にお住まいの方なら、この日が、
『富士山の日』だって、ご存じですよね ^^) _旦~~

富士山のてっぺんまで登ると、
海も見えて、そこに点々と浮かぶ、
伊豆諸島も見えるのですが、その中の一つの島で、
本当に起こった事に、子供達も真剣に聴いてくれました。

そして過日、当日の感想などを記した、
報告書が事務所に届き、
当日の様子をポスターにしてくれたものを、
一緒に送ってくれました。

そこには、子供たちも一生懸命に考えてくれたこと、
ゴミの行き先や、リサイクルについても、
関心を持ってくれたこと、そして何より、
イルカや海の生き物のお話を、
とっても喜んでくれたことなども書き添えてくれました。

対象が小さいと、ついつい理解度をディスカウントして、
語ってしまいがちですが、ありのままを伝えてあげれば、
子供たちは、真剣に考えてくれます。
考える事で、友達とも意見を交わし、
まるでスポンジの様に色んな事を吸収してくれます。

そんな事を確信できた、
未就学児に向けての貴重な機会になりました。

5月には、
遠足で湘南にある有名な水族館に行くそうです。

Kちゃんのこと、
少しでも思い出してくれると嬉しいですね。
きっと、思い出してくれるでしょう。

そして、年長さんは、
もうピカピカの1年生になりました!!
小学校で、お友達にもKちゃんの事、
お話してくれるといいなあ!!

写真は4枚とも、
送ってくれたポスターを撮影したものです。

みんなありがとうね!!







2018/01/26 8:31:11|活動報告
水辺の環境教育学2017 体験プロジェクトWET実践ワイルド

いやあ、寒いですね。

2018年が始まり、
水辺の環境教育学の授業も、
いよいよ佳境です。

1月10日の授業では、
環境教育の実践力を身に付けて欲しいと願い、
学生がエデュケーターの資格を有している、
プロジェクトワイルドと同様に、
パッケージ型の環境教育プログラム集である、
プロジェクトWETのアクティビティーを、
幾つか体験してもらう事にしました。

プロジェクトワイルドは、文字通り「野生」を、学び、
WETは、「水」を、学ぶプログラムです。

そして、WETの体験の後のラストの授業で、
ワイルドを、2017年に起こった、
4つの水辺のトピックの中から、
1つテーマを選んで実践してみようと云う事にしました。

で、4つのトピックは、以下の通りです。

1、対馬で野生のカワウソの生息を確認!!

2、各地で大雨の被害 九州北部大水害!!

3、この冬は厳冬か!?(その通りになってしまいました)
   ラニーニャ現象が発生!!

4、東京湾口でスナメリの目撃が多発!!

ワイルドの実践をする訳ですが、
気象のトピックもある訳で、
野生と気象をどの様にリンクさせるのか―
はたまた、カワウソにスナメリと、
直球勝負で来るのか、ワクワクします。

では、WETの体験の時の、話しをしますね。
最初に行ったのは、
「水の住所」と、云うアクティビティー
ヒントを頼りに、「ある動物」を、導き出し、
その動物は、どこに住んで居て(生息地)、
どの様に水を利用して居るのかを考え、
その動物の中にある「水の住所」を、探します。

続いては、昨年も大いに盛り上がった
「水のオリンピック」です。
表面張力に着目し、1円玉に一滴づつ、
スポイトで水を乗せていく平均台では、
80滴を乗せた女子が優勝!!

そして、メインは「水の物語をかこう」
先ず、これまでの人生の中で、
イチバン感動したり、影響を受けた作品を聴き、
学生達には、人を感動させられる様な、
ヒーロー・ヒロインを描いて欲しいとオーダー。

で、そのヒロインの使命はと云うと、
こういうお話しがセッティングされています。

はるか未来―
世界は深刻な水不足に襲われていた。
飲める水―。の、奪い合いが世界に広がり、
正しく「水戦争」が、起こっていた。

そんな困難を克服し、世界に水と平和をもたらす為に、
生まれたヒーロー!!
と、云う設定です。

絵(イラスト)で描くという条件ですから、
最初は、手が止まっていましたが、
次第にペンが動き出しました。

で、暫くすると、5人のヒーロー
ヒロインが誕生しました。

最後に水にまつわることわざを知る、
「雨降って地固まる」で、言葉の中にも、
水は関わっていて、人にも、文化にも、
水は切っても切れないない存在である事に気付きます。

そして、2週間後の1月24日に、
いよいよ実践となりました。

2グループにして実践する事にしましたが、
選んだトピックは、どちらもカワウソがテーマでした。
が、切り口が、くっきり、ハッキリと、
違っていて、興味深く一緒に参加させてもらいました。

ニホンカワウソが絶滅に至ってしまう経緯の中には、
きっと、たくさんのジレンマがあっても、
乱獲も、開発もやめられなかった人間・・・

ジレンマを仲間と語りながら、
ディベートを重ねる重要性・・・
非常に考えさせられるプログラムは、チームバード

対象的に、想像でカワウソの絵を書き上げて、
改めてカワウソの生態や、生息地の環境や、
動物園や、水族館で飼育するその方法などについて、
語り合ったのも面白かったです。

資格を取得しても、使えなければ意味が無い―
どんどん活用して欲しいと祈った、
最終授業となりました。











2017/12/30 13:40:10|活動報告
やまなしエコティーチャー イルカのKちゃん(未就学児にむけて)

環境教育の推進に向けて、
行政と実践者がタッグを組んで、
学校や民間団体に、環境教育の出前を行う事業—。
やまなしエコティーチャー制度。

今年もこの暮れになって、貴重な機会を戴きました。
何度か行かせて戴いて居りますが、
今回は初めて未就学児に向けて、
「イルカのKちゃん」の、講演会の依頼でした。
Kちゃんの事は、前の記事でも触れている通り、
何度も伝えているのですが、全て小学生以上でした。

そんな子供たちに、このKちゃんのメッセージが、
きちんと伝えられるのだろうか・・・
一定の時間、果たして集中力が続くのだろうか・・・
そんな不安もあったので、
年末のお忙しい中ではあったのですが、
無理を言って、今回の会場となる保育園さんに出向いて、
事前の打ち合わせの場を作って戴きました。

今回、エコティーチャーの依頼を下さったのは、
笛吹市立花鳥保育所さんで、園児は10名の、
小さな保育所さんです。

県の方から利用を勧められ、その中から、
当方のKちゃん講演会を選んで下さったのですが、
先生にお話を伺ってみると、やはり、
Kちゃんの絵本は読んだ事がなく、
どの様な講演会になるのかも、想像ができない・・・。
と、おっしゃっていました。

なので、実際に先ずは絵本を読んで戴き、
過去の講演会の流れや、進め方をお話しました。
そのうえで、海の事や、海ゴミの事、
実際に起こっている環境破壊や汚染・・・
そんな、ネガティブな内容をどう伝えるのか、
自分にとっても、今回は大きな課題です。

そんな状況があって、先の専門学校の授業があって、
非常に良いタイミングで、学生たちから、
多くのヒントをもらえたので、
こんな風にしたい—。と、
当日の講演会のイメージを伝えてみました。

時間は30分程度、
絵本の読み聞かせはするが、映像は使わない。
見せる絵は全部ではなく、
怖いイメージが伝わってしまう可能性がある絵は、
一部、削除して、スライドで見てもらう。
いっぱい問いかけをして、楽しい雰囲気で伝える・・・
そんな申し送りをしました。

先生方も、初めての取り組みだけれど、
「とっても楽しみにしています」。と、
おっしゃって戴きました。

そして迎えた当日は、12月6日の水曜日でした。
園児の保護者の方も数名参加して下さり、
講演会が始まりました。

先ずはごあいさつした後で、
海に行ったことがある人って、質問すると、
やっぱり、全員ではありません。
海のお水がしょっぱい事も知らない子が、
半数はいました。でも、イルカさんは、
全員が知っていました。

じゃあ、イルカさんのごはんって何か知ってる?
「さかな〜」って、元気に手を挙げて答えてくれました。
水族館のイルカショーで、飼育員さんが、
ご褒美でお魚をあげているのを知っています。

じゃあ、お魚以外で知ってるのある?って聞くと、
首をかしげて「わかんなーい!!」
とっても、正直なリアクションですよね。

そこで、幾つかイラストを見せながら、
こんな生きも食べるらしいよ・・・
って、お話ししました。

と、言いながら取り出したのが、
白い小さめのレジ袋。
「これ何かに似てないかな?」
「クラゲさん!!」
「おっ、そうだね、スゴイ事に気が付いたね」!?

そんな答えを出してくれたところで、
絵本の読み聞かせに入りました。
いつもは、利用者側に読んで戴くのですが、
今回は、敢えて自分が感情を特に乗せないようにして、
淡々とお話しすることにしてみました。

お話がだんだん佳境に入ってくると、
みんな真剣に聞いてくれています。
そして、絵本の読み聞かせは終了。

ちょっと間を置いてから、
「どうだった?」って、聞くと、やっぱり、
「Kちゃんが可哀想!!」って、素直な感情です。

みんなは、お家でゴミを捨てる時どうしてるの?
分けてる?分別もしてくれているようです。

じゃあ、Kちゃんみたいな事が、
起きないようにするには何をしようか?
答えを求めず、家族で考えてみようよって、
振ってみました。

イルカじゃなくって、
みんなが苦手な生き物だったら、可哀想って思うかな?

いっぱい、いっぱい、こっちから語り掛けました。

会場には、園児たちも飾り付けしたクリスマスツリー
サンタさんにプレゼントのお願いはしたかな?

どの様に子供たちが感じてくれたか、
後日、感想が送られてきましたが、
書いてくださったのは、先生と保護者の方々、
でも、それを読む限り、
子供たちはいっぱい考えてくれたみたいです。
お家でしているゴミの処理の事も話してくれたそうです。

園児たちの小さな胸に響いたものを、
これから大切にして、成長していって欲しいなあ。

短い時間でしたが、とってもあたたかい時間を、
園児たちと共有できた、講演会でした。

後日、先生方と子供たちから、
素敵なプレゼントが届きましたよ〜!!

とっても嬉しいです。ありがとうね!!

写真は届いたプレゼントです

上から1枚目

大きな封筒を開けるとこんな物が出て来ましたよ!!

2枚目
たいそんの似顔絵(お鼻がしっかり書けてますよ)

3枚目
ほら、字もこんなに上手に書いてくれました。
このお手紙は、最高の宝物にするね。

2017年の記事は、これで終わりに致します。

今年もたくさんのご訪問、心より感謝申し上げます。
良いお年をお迎えください。

2018年が皆様にとって、
素晴らしい年になりますように・・・







[ 1 - 5 件 / 371 件中 ] 次の5件 >>