夢を育むお手伝い。    HOOK(フック) かんきょう 『協育』事務所へようこそ!!

HOOK(フック)とは、釣り針のことです。 子供たちが思い描く夢や希望を、 質の良い自然体験活動と、環境教育のワークショップなどを通じて育てることを支援させて戴きます。 大切な子供たちは、たくさんの人たちの「協力」があって健全に育ちます。 是非この『協育』に、お手伝い下さい。
 
2017/10/21 21:17:29|お知らせ
金川の森 フェスタ中止のお知らせ
超大型で強い台風21号が、
次第に日本列島に近付いています。

これから24日(火)まで、
大雨による土砂災害や、暴風による家屋などへの被害も、
予想されています。

今回の台風は、秋雨前線を刺激しているので、
より大雨が長い時間、続いてしまうかもしれません。


どうか皆様も、台風への備えを万全にして、
充分お気を付け下さいませ。

ところで、前の記事でご案内させて戴いた、
「金川の森 秋の体験フェスタ」は、
台風21号の接近に伴い、
本日夕方、「中止」が、決定致しました。
(金川の森の公式HPで、ご確認ください)

きっと楽しみにしてくれた方も、
たくさん居らっしゃるとは思いますが、
これも自然が教えてくれる「体験」と、
とらえてくれたら有り難いです。

また来年、
秋晴れの空の下でお会いしましょう!!







2017/10/17 22:38:26|お知らせ
今年も金川の森フェスタでお待ちしています!!
冷たい雨が続いています。
皆さん、体長は如何ですか?
気温の差が大きいですから、
くれぐれもお気を付け下さいね。

さて、お知らせです!!
今年も金川の森フェスタが、
10月22日(日)に、盛大に開催されます。

HOOKかんきょう『協育』事務所も、
モチロン今年も参加しますよ。
どんぐりの森園内で、ブースを開設して、
皆様のお越しをお待ちしていますので、
ぜひ遊びに来て下さいね〜!!

ブースでは、毎年恒例で大人気の、
『どんぐり30個ゲーム』と、

今年は、ペットボトルで、
「モンドリ」と、云う魚を捕まえる道具(わな)の、
工作と、それを園内の水路に沈めて、
何が捕れるか試したいと思ってます。

ペットボトルが無くなり次第に終了なので、
お魚や、水辺の生きものに興味がある子ども達は、
早いもの勝ちですよ〜(*^_^*)v
 
園内には、他にもたくさんの体験や、
グルメや、音楽で賑やかです。

秋の一日、みんなで盛り上がりましょう!!
待ってまーす!!

尚、台風が嫌な場所に居ます。
進路次第ですが、荒天時の場合は
「中止」に、なります。

前日(21日)の夕方5時に開催か中止か、
金川の森のHPで告知されます。
21日も雨が降って居たら、念の為、
HPを確認して下さい。
小雨程度は、決行です。


それでは、皆さんの晴れパワーで、
快晴をお祈り下さいね〜!!

昨年の模様の写真を貼っておきました(笑)







2017/10/09 23:24:04|活動報告
アクアマリンふくしまで山梨パワーが全開!!

中秋の名月は、キレイに見られましたか?
早いもので、もう10月です。
そろそろ、紅葉も見頃になるでしょうか・・・

さて、カレンダーをチョッと前に戻した、
9月17日、福島県のいわき市にある、
環境水族館「アクアマリンふくしま」では、
来場したこども達に、色んな体験を通じて、
水族館をまるごと楽しんでもらおう!!
ッて、云うコンセプトで、「こどもまつり」が、
開催されていました。

敬老の日を含めた、
16日から18日の3連休まで期間中でしたが、
体験のメインは、17日の日曜日です(^v^)

2011年の震災以降、真っ先に開館し、
多くの人たちに勇気と笑顔を与えた、
この水族館には、あの日から6年を超えて、
県内外から、たくさんの笑顔が戻っていました。

思い起こせば、2012年の7月―。
同じこの場所で、
海辺の環境教育フォーラムが開催され、
「こども海の日」を、海で活動する、
様々なメンバー達が集まって、
子供を海から遠ざけないようにと、
たくさんの体験プログラムを用意して、
来場してくれた子供達に、
無料で楽しんでもらいました。

今回はその延長で、
先に千葉で行ったフォーラムの際に、
アクアマリンのスタッフさんからの呼び掛けに応えて、
特に若いメンバーを中心にして、
5団体で、6つの体験ができるメニューが用意されました。

その一つに、
是非とも「おさかなつり」の、体験を加えたい―。
との、アツいご要望を賜り、
当方も、HOOKかんきょう『協育』事務所として、
釣りプログラムの実施者として、
参加させて戴く事になりました。

が、記憶に新しい方も多いと思いますが、
この3連休には、大型の台風18号が、
各地で猛威をふるって居り、
東北にも接近する―。と、云う予報となってしまい、
安全が確保できないと云う事で、
釣りのプログラムは、
「中止」に、なってしまいました。

が、既に事前のお申し込みで、定員をクリアして、
親子15組30名の方の参加も決まっていた為に、
代替のプログラムとして、
2012年の「こども海の日」と、同じ
カワハギの「集寄」を、作る体験として、
実施する事に決定し、再告知をして戴きました。

17日は、やはり朝から荒れ模様―。
強い風と雨。そして、目の前の海も波が高く、
改めて、中止の決定と代替プログラムへの変更が、
功を奏したと思います。


ところで、このアクアマリン「こどもまつり」で、
偶然ではあったのですが、
なんと、山梨県のパワーが集結していたのです。

5つの団体のうち、なんと3団体までもが、
山梨からやって来ていました。
しかも、6つの体験プログラム中、
4つのプログラムが「山梨発」だったんです。
ねっ、凄いと思いませんか!?

当方の他に、上野原市にキャンパスがある、
帝京科学大学の学生で構成されたチームが2つ。
北杜市に拠点を置く、
「星つむぎ村」で、計3団体―。

で、実施したプログラムは、以下の通り、

当方は、「カワハギの集寄を作って試してみよう!!」
帝京科学大チームは、
「食う」・「食われる」の、食物連鎖を、
可愛いペーパークラフトにした
「モビール作り」のプログラムと、

館内にあるビオトープの生きもの達を、
肉眼の他、顕微鏡でも観察できるプログラムです。

そして「星つむぎ村」さんは、
移動プラネタリウムを持ちこんで、
水族館での星空探検でした。

外は台風で荒れたお天気でしたが、館内は、
たくさんのこども達の笑顔と歓声で溢れていました。

山梨パワーは他にもあって、
清里で「森のようちえん」を、実践し、
著名な写真家でもある、小西貴士さんも、
写真展と、スライド&トークショーでいらっしゃっていて、

福島に山梨の心意気を届けられた気分でした。

「てっ」と、思わず喜んじゃいました(*^_^*)

山梨パワー全開じゃんけ!!

写真は上から

1枚目 帝京科学大 BIOBIO観察会
 大盛況です!!

2枚目 同じく モビール作りも大盛況

3枚目 移動プラネタリウムも全回 満員でした

4枚目 「食う」・「食われる」の、関係わかるかな?

でも、自分でやってると、
自分で自分の撮影は難しいのです(泣)







2017/09/28 23:39:02|その他
海洋道中2017 番外編 KONちゃんとラフティング

海洋道中の指導者の中で、
水辺のプロフェッショナルと言えば、
カヌーイストであり、
ラフティングガイドでもある、
チーフカウンセラーのKONちゃんです。
彼の普段の風貌は、チョイ悪な感じで、
どちらかと云うと強面ですが、
サングラスの下の目は、
とっても優しいナイスガイです。

海洋道中では、
スノーケリングの指導を
担当して戴いていますが、
KONちゃんの仕事っぷりを見たい―。
と、云うリクエストがたくさんあったので、
KONちゃんからの提案で、
「じゃあ、一緒にラフティングしようよ!!」
って、事になりました。

指導者同士の打ち上げと、
更なる親睦を深める為に、
9月9日の土曜日に、彼の仕事場の一つである、
富士川にやって来ました。

自分とも親交がある、
「シャイニングフィールド」さんでの、
ラフティング&BBQで、
盛り上がる事になりました。

お誘いを戴いた時、
午前中に仕事があったので、
自分はBBQだけ参加する事にしていました。

で、仕事を終えて、現場に直行。
予定では13時にラフトスタートになっていたので、
到底間に合わないと思っていたからです。
が、13時半を回って現場に着くと、
まだスタートしていない模様です。

「遅れてるんでタイソンも乗る?」
って、KONちゃんからのアプローチ。
これでも、チョッとは水辺の活動家ではあるので、
誘われて、断る理由などありません。
ライフジャケットと、ウェットスーツは、
クルマに常時積んであるのです。

で、急きょ自分も、
ラフティングから参加する事になりました。
ガイドはもちろんKONちゃんです。
が、この日は、団体も入って居り、
社長もガイドに駆り出されていたので、
彼とも久々の再会になりました。

この日のツアーメンバーはと云うと、
ボランティアリーダー(VL)が2名、
あしくまと、おさが来てくれました。

指導者は、かりまーと、かよちんの女子2名と、
ホントは、水が苦手なはずのがっしーも参戦。
で、自分が新たに加わったので、
6名で1艇でのツアーとなりました。

BBQから、VLのかっちゃんと、
指導者のほりが来ることになっています。

自分以外は、全員ラフティングは初めてかなあ・・・
って、思っていたのですが、
実は、かよちんなどは、
水上でのラフティング&ハイドロも経験済み―
って事で、見かけによらずアクティブです。

かりまーは、と云うと、
彼女は山ガールで行動派なので、
女性指導者は、実はワイルドなんです(笑)

故に、水が苦手ながっしー、
果たして無事にツアーを乗り切れるのかっ!!

さあ、緊張のツアースタートです。
初っ端の難所の釜口を突破!!
「パドルあげて〜」
KONちゃんの、威勢の良い掛け声が響きました。

この後は、ガイドのKONちゃんが、
目いっぱい楽しませてくれました。

ウィリーもしたり、
全員でラフトボートに立って、
手をつないでバランス。
落ちてもノープロブレム!!
めっちゃ楽しく盛り上げてくれました。

しかも、森林インストラクターでもある
KONちゃんですから、
途中に、富士山をめぐるインプリも入ります。

幾つかある難関も、アクティブに、
スリリングに攻めてくれます。
「パドルあげて〜!!」
「イエーイ!!」
息もピッタリになって来ました。

圧巻は、ツアー後半の、
岩からの飛び降りタイムで、
最後を飾ったKONちゃんの、
アクロバティックな宙返りダイブ!!

しかも、最初に飛び降りた時に紛失した
あしくまのゴーグルのカバーを、
さりげなく拾って来る―。
って云う、心憎いパフォーマンスに、
一同、感激!!

で、こんなプロ中のプロと一緒に、
八丈に行けたんだ―。って、事に、
喜びを隠せない様子でした。

ゴールでは、ラフトボートを担いで、
河原をひょいひょいと走る姿に、
またまた感激!!

KONちゃんのお陰で、
本当に楽しいツアーになりました。
がっしーも満面の笑顔で、
水が苦手なんて嘘でしょ?
ってくらいに、喜んでいましたよ!(^^)!

日も暮れて、かっちゃんとほりも合流して、
BBQでは、おいしいお肉も、
お野菜も、富士宮やきそばも、たっぷり食べて、
このうえないシアワセでした。

自分も、KONちゃんの、
海洋道中では余り見えない一面を、
指導者仲間に、感じてもらう事ができて嬉しかったです。

自分は、この後は、みんなと別れて帰宅しましたが、
残った面々は、今度は場所を変えて、
KONちゃの元職場である、本栖湖のキャンプ場で、
キャンプして、明日は、SUPとカヤックを、
体験するんだって・・・

海洋道中が終わって、ほっと一息。
指導者達の、短い夏の思い出作りになりました。

ツアー中の写真を何枚か載せますが、
野暮な解説は不要でしょう!!

楽しかったあ!!!

 







2017/09/27 17:19:19|活動報告
八丈の子供達の体験

30周年を迎えた今年の海洋道中ですが、
八丈島の島外体験学習事業は、
翌年から始まったので、今年が29回目です。

互いの交流を重ね、
現在は、八ヶ岳でキャンプをして、
色んな体験を重ね、最終日には、
甲府の科学館の見学、
そして、多くの子が生まれて初めての
アイススケート体験。
最後に、山梨の秋の味覚ぶどう狩り体験をして、
船で島に戻る―。そんな日程で、
八丈島の子供達に、山梨を体感してもらっています。

ここ数年の中で、
今年の参加者は最も多くて、
中には、小6から中3まで、
パーフェクトで参加してくれた子もいます。

八丈島の事業の核は、正に「交流」で、あり、
海を越えた互いの絆を確認しあうのが、
この事業なのです。

今年も、ほぼ全日程で関われたので、
その体験の模様を、写真で紹介しますね。
彼らの面倒を見てくれるのも、山梨のVL5人です。

上から、
1枚目・・・
恒例の「渓流釣り体験」です。
実は、台風の影響で川原が流されてしまい、
八丈の体験に間に合うように工事してくれました。

2枚目・・・
今年は、釣った魚を自分で捌いて、
食べるのも体験しました。
海の魚と勝手が違うかな!?

3枚目・・・
芳ばしい香りが立ち込めます。
「早く焼けないかな・・・」

4枚目
今年も牧場体験をさせて戴きました。
命と向き合って、命の大切さを学びました。

この他にも、火起こし体験や、
前のレポートの通り、山梨の子供達との
交流を楽しみました。

来年、また八丈に行った時に、
声を掛けてくれたら嬉しいな!(^^)!







[ 1 - 5 件 / 360 件中 ] 次の5件 >>