夢を育むお手伝い。    HOOK(フック) かんきょう 『協育』事務所へようこそ!!

HOOK(フック)とは、釣り針のことです。 子供たちが思い描く夢や希望を、 質の良い自然体験活動と、環境教育のワークショップなどを通じて育てることを支援させて戴きます。 大切な子供たちは、たくさんの人たちの「協力」があって健全に育ちます。 是非この『協育』に、お手伝い下さい。
 
2020/03/02 16:00:51|活動報告
講演会でのワーク2 海からこぼれた言葉たち

講演会のワークで、
皆さんから出してもらった、言葉の数々・・・。
そこで、
この宝ものの様な言葉の数々を、

「海からこぼれた言葉たち」と、
名付ける事にしました。

2つのホワイトボードいっぱいに並んだ、
各チームの書いてくれた模造紙には、
皆さんの色んな思いが溢れていました。

講演の最後は、ワークの結果を皆でシェアして、
検証する時間に充てました。

では、気になるワークの結果はと云うと・・・
先ずは、だいいちのワーク。
お題は、先の記事にも書いた通り、
「海ゴミ問題」は、17の目標の中で、
何番目の目標とシンクロしているか―。
でしたね。

当然の様に14番目の、
「海の豊かさを守ろう」は、てっぱんでした。が、
以外に多かったのが4番目の、

「質の高い教育を・・・」でした。

そのココロはと聴くと、
やはり、ただ伝えるだけではなく、
多くの「学び合い」の中で、
正しい知識を得れば、
人は必ず正しい方向に導かれていくから・・・

との、なんとも素晴らしいご意見も伺いました。
また、質の高い教育を実践するには、
何よりも貧困をなくすことが大事である―。と、

1番目の、「貧困をなくそう」も、
シンクロしていると、
答えて下さったグループもありました。 

他にも、12番目「つくる責任・使う責任」
15番目「陸の豊かさも守ろう」も、
他にも幾つも出ていました。

要は、みーんな目標は繋がり合っいるんだね―。
って事に、きっと気付いてくれた事でしょう。
どれにも優先順位なんてありません。

続いてのだいにのワークは、
目標を達成する為に、誰とつながって、
具体的に何をしたらいいと思いますか?
でしたね。

ここには、より具体的な主体が出ていましたよ。
中には、「タイソンさんとつながる」なんて、
嬉しい言葉も戴きました。
ありがとうございます。感激です!!

学校と繋がるには、PTAなんていいですよね。
NPOや、もちろん行政も、
大切なパートナーです。

やっぱり、人類がワンチームになって、
目標に取り組んでいかなきゃね(^−^)/

SDGsは、地球で暮らす全ての命が、
つながろう、がんばろうって云う、
大事な大事な道しるべ。

そんな事に、改めて気付いた講演となりました。
「未来は私たちの手の中にある!!」

もう、演者が伝えたことよりも、
はるかに大事な気付きが広がって、
いっぱい学ばせてもらっちゃいましたぁ!!

本当に本当に、ありがとうございました。
    







2020/03/01 16:26:03|活動報告
循環型社会を考える 講演会でのワーク

講演会に集まって下さった方々に、
取り組んで戴いたワークの数々を報告致します!!

グループ内で自己紹介をし合って戴いた後に、
先ずは、だいいちのワ〜ク(^u^)/

「今日お話しした、マイクロプラスティック等による、
海ゴミの問題は、SDGsのどの目標と、
シンクロしていますか?」

そして、その理由も話しあって下さい―。
と、云うもの。

それぞれから出て来たキーワードや、「いいね」は、
どんどん模造紙に自由に書き込んで下さいね〜

そう。
このワークは、ワールドカフェからヒントを得たもの。
次第に話しが盛り上がって来て、
マジックペンも動き始めましたよ!!

次第にまっ白だった模造紙が、
言葉の海に変わっていきます。
そうそう。下に敷いてあるブルーシートも、
実は、青い海に例えたつもりなんですぅ(^v^)

さあ続いて、だいにのワ〜ク(^u^)/~
「じゃあ、その目標に向かっていくためには、
 誰と繋がって、どんな事をしたらいいですか?」

個人でもいいし、団体でもいいし、
もちろん、お友達や仲間でもいいですよ!!

マスクのお顔越しでも、
皆さん楽しみながら意見交換しているのが、
見てとれました。繋がれると嬉しいよね(^−^)

こんなワークを約30分やってもらいました。

「最後にチームの名前も考えて下さいね〜」

で、ワークが終わったら、
それぞれチームの書いてくれた模造紙を、
参加してくれた方、
全員でシェアして締めくくる事にしました。

さあ、どんな話題で盛り上がったのかな!?
その結果は、お次の記事で報告しま〜す!!







2020/02/28 16:49:18|活動報告
循環型社会を考える 講演会に呼んで戴きました!!

先の記事で紹介したSDGsでは、
人種的な差別も、
貧困もなくす事を目標に定めています。

が、今の世界では、
新型コロナウィルスの感染の拡大により、
アジア人と云うだけで差別視されたり、
運悪く感染の憂き目に遭われてしまった方を、
差別してしまったりと、
パンデミックへの恐怖が、人々の心まで、
疑心暗鬼という「闇」に陥れてしまった観があります。

自由な外出や移動までも制限されている中では、
環境について、他の世界の人たちについて、
思いをめぐらせる余裕もないのかもしれませんね。
とうとう学校までもが、
休校の要請をなされてしまいました。

とにもかくにも、感染の拡大を抑え、
終息に向かってくれる事を祈るしかありません。

さて、そんな個々の活動の自粛が広がりつつあった、
2月15日に、チラシの写真を添えてお知らせした、

『循環型社会を考える』
―SDGsって何? 世界を救う17の目標―
と、題した講演会に呼んで戴きました。

正直、この状況の中で環境の話しを、
聴きに来て下さる方がいらっしゃるのだろうか?
こんな時に、環境の話しをしに行ってもいいのだろうか?
そんな不安を抱えて会場に入りました。

途中の集客の状況も厳しいと聞いて居りましたが、
何と20名を越える方々が、集まって下さいました。

マスクをされている方が大半でしたが、
それでも、この状況下で、予想以上の方が、
SDGsや、海ゴミ等について、
興味を持って下さった事が、本当に有り難かったです。

講演会は、夕方6時半からスタート。
先ずは基本的な知識を覚えて戴く為のアプローチ。

かつて何度も一緒に自然体験の指導をご一緒した、
能登さんの講演です。

具体的で、とっても分かりやすく、
SDGsを解説して下さいました。

およそ30分、しっかり基本を押さえて戴いた後で、
いよいよ当方の出番となりました。

冒頭で自己紹介と、
活動を始めたきかっけと経緯をお話した後、
『海ゴミ』の、問題点や生物への被害の一例としての、
「絡まり事故」の、メカニズムについて、
輪ゴムを使って、海鳥のくちばしへの絡まりを、
疑似体験してもらいました。

手のひらに輪ゴムをはめて、
更に5本の指にひかっけて、パクパク。
輪ゴムは、手の開閉によって伸び縮むので、
空いてる手を使わないと、なかなか取れません。
まさに、「とれないよ〜」
絡まり事故は、こんな感じで起こってしまうのです。

そして、やはり30分ほどお話しさせて戴いて、
前半は終了。チョッとだけ休憩して戴いて、
後半は参加者全員が参加して、
幾つかワークを行いました。

当所は、参加者をゲームでシャッフルして、
少しづつ、ハイタッチなどの接触をしながら、
次第に複数名のグループを作ろうって、
考えていたのですが、

やはり、折も折なので、
ワークのスタートは、先ずは仲間作りから!!

「今日、一緒に来た方以外の人を、
 4人巻き込んで、仲間になりましょー!!」

って、呼びかけて、

「グループになれたところから、座って下さいね〜!!」

皆さんが座った場所には、
大きなブルーシートが広げてあります。
更にその上には、無造作に置かれた模造紙がいっぱい。
色んな色のマジックペンも置かれています。

座った順に、先ずは自己紹介しあってもらいました。
どんなメンバーが集まったかな?

さあ、いよいよ今回のメインでもある、
参加者同士のワークショップが始まりました!!

どんなワークになったかは、
次の更新まで、お楽しみに(^u^)

写真は上から

1枚目
思ったよりたくさん来て下さって「タイソン、感激!!」

2枚目
能登さんのお話しに、しっかり耳を傾けています。

3枚目・4枚目
ワークの最中の様子をチョッとだけ!!








2020/02/24 22:05:17|活動報告
令和最初の『ざぶん賞』 山梨地区表彰式

まさに現在進行中の、
新型コロナウィルスによる感染の拡大は、
一体いつまで続くのでしょうか?

目に見えない不安は、
やがて人の心にまで影響します。
とにかく、一日も早い終息を祈るしかありません。

さて、去る2月1日に、
2019年度の『ざぶん賞』の山梨地区表彰式が、
甲府市役所内のフリースペースをお借りして、
盛大に開催されました。

皆様もきっと、
「へぇ〜」って、感心されると思うのですが、
実は山梨県は全国でも、
毎年の様に好成績を残す、
知る人ぞ知る「ざぶん県」なんです。

全国の全ての参加者の中から、
たった一人選ばれる、「ざぶん大賞」も、
過去に1名輩出していますし、

大賞と並び称される「文部科学大臣賞」にも、
更には、「準ざぶん大賞」にも、
複数の受賞者を輩出している、
他の府県からも羨望されている、優秀な県です。

これもひとえに、毎年ご協力戴き、
生徒さんに参加を呼び掛けて下さる、
多くの小中学校の先生や関係者の皆様と、
それを支えているボランティアスタッフの方々の、
アツいご支援があっての事で、
心から感謝申し上げます。

そして今年度は、全国の国土交通大臣賞に輝き、
山梨県知事賞となった生徒さんを筆頭に、
教育長賞、森林環境部長賞を、
6名の生徒さんが受賞されました。
本当におめでとうございます。
今年は小学生の受賞は、残念ながらなかったのですが、
素晴らしい作品が揃い、
そして著名なアーティストの方々が、
素晴らしい「作品」に、仕上げてくれて、
受賞者に渡されています。

更に今回の授賞式には、
審査委員をされている、
直木賞作家である、安部龍太郎先生や、
本県出身で、斬新なデザインの切り絵作品で、
著作物物に深みを与える挿絵作家の
百鬼丸先生も、駆け付けて花を添えて下さいました。

式では、受賞者へ賞状と記念品を手渡した後、
受賞者へのお祝いと、
式に来場して下さった方々と一緒に、
素敵な歌声を届け、みんなで歌う「ざぶん奏」と、
安部龍太郎先生からは、
ざぶん賞の受賞者を決めるまでのプロセスや、
評価の基準など、貴重なお話しも戴きました。

お楽しみ企画として、
安部先生、百鬼丸先生の決して買う事ができない作品を、
ゲットできちゃう「じゃんけん大会」など、
今年もとても盛り上がりました。

また県内外の、全国表彰者の作品を展示する
キッズエコマイアート展も、2月3日まで開催され、
市役所を訪れた、
多くの方が足を止めて見て下さいました。
本当にありがとうございました。

当方が作文の指導をしている
「やまなし少年海洋道中」の、メンバーからは、
残念ながら、今年は受賞者が居りませんでしたが、
それでも、とても素晴らしい作品が寄せられていました。

山梨から広がっていく「ざぶんの波」が、
これからも、どんどん広がっていくと嬉しいですね。

小中学生であれば、どなたでも参加資格がありますので、
ご興味を持った小中学校の先生方は、
是非、2020年度へのご参加をご検討下さい。
たくさんのご応募、
よろしくお願い致します(^−^)/

写真は上から、

1枚目
過去の山梨県からの受賞作品も展示されました!!

2枚目
今年度の知事賞作品『雨の日の海』です!!
百鬼丸先生の切り絵で、
更に素晴らしい作品になりました。


3枚目・4枚目
表彰状の授与 受賞おめでとうございます!!









2020/01/16 9:00:00|お知らせ
SDGsってご存知ですか!?環境講演会のお知らせ
早いもので、1月も折り返し地点まで来ました。
暖冬と云うのは、
生活するうえでは、有り難いことではありますが、
やはり、寒い時季はそれなりに寒くて、
雪も降る時季に、それなりに降らないと、
やはり、困った事も起こります。
この状況も、地球温暖化の影響なのかもしれませんね。

ところで皆さんは、
SDGs(エスディージーズ)って、ご存知ですか?
最近、新聞やテレビや、様々なメディアの中で、
よく聞かれる様になって来ました。
このブログを見て下さっている方々は、
環境問題に興味があるかと思いますので、
きっと、ご存知ですよね(^u^)

持続可能な世界を実現するために、
17の目標(ターゲット)を示して、
世界で協力し合いましょうと、
2015年の、国連サミットで採択されました。

このSDGsを、
より多くの方々に知って戴ける様、
来る2月15日の土曜日に、
上の写真の通り、イベントが開催されます。

主催は、峡当地域の山梨市様と、
市内に在籍する一般社団法人様との協働で、
山梨市協働まちづくり支援事業として、

『循環型社会を考える』
―SDGsって何? 世界を救う17の目標―

と、銘打って、山梨市駅近くの、
街の駅やまなしにて行います。

実は、このイベントで当方、
講演会の講師として、お声を掛けて戴きました。
このブログの中でも、度々ご紹介している、
やまなしエコティーチャーや、
甲府市の環境教育プログラムへの協力の中で、

県内各地でお伝えしている、
『イルカのKちゃん』を、教材とした、
読み聞かせ等の活動を、ご評価戴いて、

『このイベントでもお話しして戴けませんか―』
と、嬉しいお声掛けに感激し、
『山梨から考える海の自然』と、題して、
講演させて戴く機会を、与えて下さいました。

2部制になっていて、
第一部は、当方が以前、
シェアリングネイチャー等のプログラムを、
度々ご一緒させて戴いた、能登貞人さんが講師を務め、
SDGsについて、楽しくお話しして下さいます。

で、皆さんにSDGsを、
何となく理解して戴いたところで、
後半の第二部で、当方の講演となります。

第一部から通す2時間の長丁場ではありますが、
楽しいワークも、
幾つか体験して戴こうと考えていますので、
是非、たくさんの方に来て戴きたく、
当方のブログでも、広報させて戴きました。

参加は無料ではございますが、
事前のお申し込みが必要となります。

写真をクリックして戴いて、
チラシの下部にあるお問い合わせ先に、
電話かメールでお申し込み下さい。
山梨市以外の方の参加も大丈夫です。

あえて甲州弁で書きますね!!
「あそびー来る感覚で、
  気軽によっちゃばってくりょう(^−^)/」

皆様のお越しを、心よりお待ちしています。







[ 1 - 5 件 / 471 件中 ] 次の5件 >>