夢を育むお手伝い。    HOOK(フック) かんきょう 『協育』事務所へようこそ!!

HOOK(フック)とは、釣り針のことです。 子供たちが思い描く夢や希望を、 質の良い自然体験活動と、環境教育のワークショップなどを通じて育てることを支援させて戴きます。 大切な子供たちは、たくさんの人たちの「協力」があって健全に育ちます。 是非この『協育』に、お手伝い下さい。
 
2022/04/24 10:00:00|活動報告
キープ協会の豊かな森で・・・

皆様おはようございます。

この春は、降ったり雨照ったり晴れで、
なかなか忙しいですね幸せ
今日も、雨が降るみたい・・・怒る

さて、昨日の土曜日、
4月23日に行って来たのは、
標高1400bの清里高原です晴れ

とってもすがすがしい風と、
春の香り桜に包まれていましたョ。

そして、清里で何をして来たか―
って、云うと、

タイトルの通り、
皆様も良くご存じでしょうグッド
キープ協会さんの環境教育施設、
八ケ岳自然ふれあいセンターで主催されている
春のプログラムの講師として呼んで戴きました。
トップページ | KEEP協会 - 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター - 北杜市 山梨県

で、どんな事をして来たかって云うと・・・
カエルですよびっくり

あるカエルを探しに、
豊か森の中を7名のゲストの皆様と、
カエル探検に出ました。

先に断っておきますが、
すっごい、発見満載だったので、
長くなっちゃいました。
でも、凄いので、どうか最後まで読んで下さいネ。

実はね、キープの森には、
皆さんが良くご存じのカエルさんより、
ちょっと早めに外に出て来て、
この世の春ハートを謳歌して、
世代を繋いでいるカエルさんがいらっしゃる・・・

そのカエルさんとは、
『ヤマアカガエル』さんです!!

じゃあ、どうして早めに外に出て来るのかなあ・・・

その秘密に迫るための探検です。
いやあ、今回の探検隊のメンバーは、
キッズも大人も精鋭が揃っちゃいましたよラブ

さて、
皆さんは、カエルの卵塊って、
見た事ありますかぁびっくり

ぷにょぷにょゼリーのような塊の中に、
目ん球目玉みたいな、黒いつぶつぶ・・・

このつぶつぶが、ゼリーの中で分裂を初めて、
だんだん音譜みたいな形になっていって、

そすると、中からにょろって出て来るのが・・・
そう。オタマジャクシです音符

でも、皆さんが見た事あるゼリーの形って、
ホースみたいな形で、細長い感じのが、
多くないですかびっくり

オタマもでっかーい!!
みたいなスマイル

これって実は、
清里で見つけたカエルさんとは、別のカエルさん。

ヒキガエルとか、
でっかいウシガエルとか、

田んぼにいるのは、アマガエルだったり、
シュレーゲルアオガエルだったり、
トノサマガエルなどの卵塊が殆どです。

が、探したヤマアカガエルの卵塊は、
ゼリー状のソフトボールの中に、
およそ1000個もの卵が入ってます。

そのソフトボールは、
次第にくっついて、
やがてバレーボールくらいになって、

やがて中からカワイイ、オタマが飛び出して来ます。

でね。この春先に繁殖の行動に入ります。
おおよそのカエルさんは、
ちょっと春を超えて初夏に繁殖行動になるんです。

じゃあ、どうして速いんだろう・・・

皆さんは、想像できますか?
そのヒントを探しに出掛けた訳でございますよ。

そしたらね。
いやあ、発見のオンパレード!!

鋭い仮説が、特にキッズの参加者さんから、
どんどん出て来る。オタマも出て来る。

凄い、すごい、凄〜いラブ

池のはじっこに卵があるのなんでだろう・・・

オタマジャクシ、
ゼリーの中からどうやって出て来るの・・・

そっとすくったゼリーの中に、
見つけましたよ〜びっくり

はじっこで産むのは、
水の中にはカエルいなかったよね。

じゃあ普段は何処にいるのかな?

ピンとひらめいたキッズたちびっくり

「森だよ」

うん。うん。 いいぞ。いいぞ。

ほら、ここぬかるんでる坂道だよ。

「カエルさんの道かな」

乾いてたら、歩きにくいよね

そこに、お母さんが、お父さんが、
フォローしてくれます。

森にいるからなんだね

って分かったら、
今度は、木々の合間を抜けて、
小さな川を渡って、向かった先にあったのは、
ズブっと足が取られそうな湿地です。

きゅきゅきゅ・・・

「聞こえたかな?」

きゅーっ!!

「わあ、鳴いてる鳴いてる」

どこからだろう・・・

土の中かもびっくり

苔が生えて、落ち葉がいっぱい積もってる。

進行役のレンジャーさんが、
そっと苔をめくってみると、
何やらぽっかり深く掘った様な穴―

「あったよ。コレわかるびっくり

そこにあったのは、
さっきのヤマアカちゃんの卵とは、
明らかに違う、数珠の様につながる卵でした。

目玉が白っぽくなって、
中で動いてる様な感じ・・・。
キッズ探検隊が、すかさずのぞき込みました。

レンジャーさんが、
穴の横にトンネルを見つけました。

すると・・・

「わー、いたよ」

ちっちゃいカエルさんを捕まえました。

「スゲー、初めて見たぁ!!」

と、声を張り上げたのは、ワタクシ・・・困った

このカエルさんは、
きゅきゅっと、可愛らしい鳴き声は聞こえても、
なかなかお目にはかかれないレアなカエルさん。

『タゴガエル』さんです。

今回のカエル探検のハイライトその2

タゴガエルの鳴き声を聞いてみよう

だったのですが、なんと会えちゃいましたラブ

自分も話しだけは聞いていて、
それなりに知識はあったのではありますが、
実際に会ったのは、
この日が初めてだったんですラブ

「うわあ」

湿地にいらっしゃったキッズのお母さんが、
泥に足を取られて、転びそうになっちゃいました。

なんとか転ばずに済んだのですが、

ここで、キッズの一人が、

「なんであそこだけ泥になってんのびっくり

そんな質問をしてくれました。

先ずレンジャーさんが、
自分の仮説を語ってくれました。

続いて語ったのは、僭越ながらワタクシ。
周囲の地形や木々を見て仮説を展開。

「じゃあ、○○くんの仮説は?」

って、振ってみました。

彼が語った仮説は、説得力があって、
観察・思考も完璧で、すっごいんですョ。

講師、変わって〜(心の声)困った

とっても凄い仮説だったので、
皆さんにも紹介しちゃいます。

彼が着目したのは、
周りに茂っていたクマザサです。

観察すると、その泥の所にだけ茂っていない・・・
クマザサは竹の仲間だから、
根っこは、横に広がる地下茎の筈―
(地下茎って言葉は云ってませんでしたが・・・)

と、云う事は、下の土は軟らかいし、
落ち葉が積もってて川もある。

だから、川のお水が染み込んでるんじゃないか―

す、すごいポカン 

ちゃんと木を見て森も見れている・・・
将来、生物学者じゃんムンク

時間が過ぎるのが早い!!

もう一ヶ所、お連れしたい場所があったのですが、
もうね。そんな必要もなくなっちゃいました。

そこで、もう一ヶ所はスルーして、
レンジャーさんから、今日のまとめのワーク。

ヤマアカガエルさん、タゴガエルさん、

カエルさん達が元気に暮らせるために必要な条件―

と、

こんな事があったら、起ったら、困っちゃう条件―

それを、ふせんに書き出して、
レンジャーさんお手製の森マップにペタペタ

みんな繋がってる

だから大事にしないといけないよね。
カエルさんのためにも、他の生きもの達のためにも・・・

最後に、今日のテーマ、
ヤマアカガエルが清里の森にいるのはどうしてか―

って、事を僭越ながらお話しさせて戴いて終了びっくり
ありがとうございましたぁ嬉しい

森から施設に帰る小径で、
ホーホヶキョ
ツツピ、ツツピー・・・
鳥達も歌ってくれました。

キープ協会さんの豊かな森で、
身体いっぱい心いっぱいの春を満喫できました嬉しい

これからも、楽しいイベントが目白押しびっくり
是非、清里キープ協会さんにお出かけ下さい。
行列のできるソフトクリームも美味しいよ〜ラブ
トップページ | 清泉寮 - 清里高原 ソフトクリーム・体験プログラム・お食事・ご宿泊 清里高原の観光施設 - 北杜市 山梨県 (keep.or.jp)





 







2022/03/21 10:00:00|活動報告
やまなし環境教育ミーティング2022は出会いがいっぱいでした!!

皆様、おはようございます。

今日は春分の日ですね(^_^)v
自分は昨日、お墓参りに行って来ました。

暑さ寒さも・・・
と、云いますが、昨日は東京で桜が咲きましたね桜
こっちは、夕方ちょっと寒くなったかなスマイル

ところで、
過日、3月12日に今年も、
やまなし環境教育ミーティングが、
環境教育の聖地キープ協会の、
八ヶ岳自然ふれあいセンター
で開催されました。

随分と報告までに日を置いてしまいましたが、
今日は吉日だと云う事で、
大事に、あっためていたんですよ幸せ

と、云うのも、
参加者こそ、
昨年より若干少なくなってしまったものの、
非常に素晴らしい出会いがありました。

また再会もあり、
素晴らしいお話しも、たくさん聴く事ができ、
本当に充実した1日になったので、

満を持してこの吉日にした―
と、云う訳なんです幸せ

午前中のパネルディスカッションと、
午後の参加者による事例発表の、
大きな二本柱によって、
プログラムは構成されています。

先ずは午前中のパネルディスカッションです。
3名のパネリストさんの発表は、
とても素晴らしくて、
非常に興味深くて参考になりました。

保育・地域再生・地域資源の活用・・・etc
様々な角度から、大いに刺激を受けました。

その中のお一人とは、
もう長いお付き合いで、久しぶりの再会でした。

向こうは自分が来ているのを知らなかったそうで、
お話しの中に、再会の事も盛り込んで下さいました。

お三方の講演の後、ご近所さんのお席の方と、
質疑応答の質問を考えるミニワークも、
面白かったなあ・・・

午後は参加者の皆さんが、
それぞれ取り組んでいらっしゃる活動を、
自由に聴いて回れるセッションですグッド

自分は、小菅村で活動されているグループ。
上野原にある大学の学生さん達のお話し。
そして、午前のパネラーさんとも、
個別にお話しをさせて戴きました。

まとめは、恒例のえんたくんスマイル

まあるいボードに貼られた紙に、
参加者がどんどんキーワードなんかを書き込んで、
シェアできるって云う、
コミュニケーションワークです。

10分間のワークを2回チョキ
世代も超えて、ジェンダーも超えて
いっぱいお話しできましたラブ

もしかしたら一緒にお仕事や活動が、
できそうな期待も膨らみましたョグッド

主催のキープ協会のスタッフさん達とも、
いっぱいお話しができましたチョキ

充実した1日を過ごす事ができた清里は、
次第に周りの木々の芽が膨らんでいましたクローバー

今日お会いできた全ての皆さんに、
感謝ですねハート

ありがとうございました幸せ




 







2022/03/11 10:00:00|情報共有・お願い
明日は『やまなし環境教育ミーティング2022』に参加します
皆様、おはようございます。

そして、
今日がどんな日であるのか―
勿論、皆様もご存じですよね。

そうです。
東日本大震災が起った正にその日です。
あの日自分は、引っ越し業者でバイトしていました。

中央市に出来た大きなショッピングモールが、
プレオープンの日でした。
今でも、当日の事を明確に覚えています。

奇しくもその翌日となった12日、
清里のキープ協会、八ヶ岳自然ふれあいセンターで、
既に恒例となった、

やまなし環境教育ミーティング

八ヶ岳自然ふれあいセンター | 清泉寮 - 清里高原 ソフトクリーム・体験プログラム・お食事・ご宿泊 清里高原の観光施設 - 北杜市 山梨県 (seisenryo.jp)

が、今年も、コロナ禍が続く中、
リアルタイム開催される事になりました幸せ

昨年に引き続き今年も、
参加させてもらう事に致しましたチョキ

感染状況によっては、
中止やオンライン開催もあり得た訳ですが、
実行委員会や、キープ協会のスタッフの皆様の、
ご尽力に心から感謝ですグッド

志を一にした、県内で活躍する多くの方々と、
リアルでお会いできる機会なんて、
そうそうあるものではありません。

特に今回は、
パネルディスカッションのパネラーのお一方が、
良く知っている方で、久しぶりにお会いでき
る事。

キープ協会のスタッフの一人が、
専門学校で自分が指導した卒業生である事

海辺の環境教育フォーラムでもお世話になっている方が、
実行委員でいらっしゃる事。

そんなこんなもあって、
とっても楽しみにしています。

貴重なお話しや、活動の様子など、
たくさんお話しが聴けるかと思いますので、

また後日、感想などもリポートさせて戴きます!!

が、その前に今日は、
午後2時46分に黙祷を捧げ、
世界平和を祈りたいと思っています。


 







2022/02/17 10:00:00|活動報告
2021年度のKちゃん授業9 (おそらく今期ラストの幼稚園)

皆様、おはようございます。

2021年度の「Kちゃん授業」
の、ご報告を続けます。

が、おそらくこの報告で、
2021年度はラストになりそうです。

と云うのも、
年明け以降の爆発的な感染拡大で、
年度末に入っていた何本かの「Kちゃん授業」が、
ことごとく中止になってしまったのです泣く

いずれも、幼稚園・保育園と云った、
幼児への感染拡大が顕著化してしまった事で、
行政側からもストップが掛かってしまったのです。

年が明けて、唯一開催ができたのは、
甲府市内にある、塩部幼稚園様でした。

実施日は1月14日でしたので、
本当にギリギリのタイミングだったと思います。

この日は、午後開催―
風が強い日でしたが、
子ども達は元気いっぱいです幸せ

会場に入って先ず驚いたのが、
和洋を問わず、パーカッション楽器がいっぱい!!
音楽を教育に取り入れていらっしゃるそうで、

「発表会もあるんですよ」
って、園長先生が教えて下さいました。

この日、お話しを聴いてくれたのは年長さん―
授業の準備が出来た会場に、
ニコニコしながら入って来てくれました幸せ

さあ、外は寒いけど、
気持ちはアツく始まりますよ〜!!

最初は、甲府市の環境部さんから、
甲府市のゴミの捨て方について、
動画を見ながら、教えてくれました。

そして、いよいよ自分の出番になりました。

「みんなは、イルカさんって見た事あるかなあ!?」

そんな質問から始まりましたが、
子ども達は、「つながり」の事を、
真剣に考えてくれました。

そんな子ども達の授業の最中の様子は、
園のブログにしっかり書いて下さっていますので、
ご覧になってみて下さい。
(ここから幼稚園のブログへ飛べます)
環境学習講演会 - はとぽっぽの窓 (goo.ne.jp)

調子に乗って話していたら、
パパ・ママがお迎えに来る時間になっちゃった・・・

なので、ラストちょっとが尻切れトンボ

でもね。
子ども達は、心と体をいっぱい使って、
お友達のこと・自然の事・世界の事も、
しっかり考えてくれましたよ嬉しい

みんな、ありがとねー幸せ
 







2022/02/05 10:00:00|活動報告
2021年度のKちゃん授業8(12月 保育所&児童館)

皆様おはようございます。

ついに北京冬期オリンピックが始まりましたチョキ
全ての選手の皆さんの、
コロナの霧を蹴散らす活躍を祈りましょー!!

それでは引き続き、2021年度に行った、
「Kちゃん授業」の報告を続けます。

11月に卒園した母園を訪れ、
12月には、実家の近くの保育所様に呼んで戴きました。

10月に伺った、甲運小学校様の直ぐ近くに、
市立の甲運保育所さんがあります。
年長さんは、来年は甲運小学校の1年生だね嬉しい

実施したのは、12月13日でした。
さて、教室の壁には、
秋の味覚の食べ物が描かれた子ども達の絵が、
たくさん貼ってありました。

でも、1つだけ
「何だろう・・・?」って、
思い浮かばないものが描いてあったんです。

しかも、その思い浮かばないものが、
どの子の絵でも、
真ん中に、イチバンでっかく描いてありました。

こっそり先生に聞いたら、
お芋だったんです。サツマイモ!!

やっとスッキリ!!
Kちゃん授業が始まりました。

最初に、
みんなの絵を見させてもらった事を伝えて、

「真ん中の「もの」が、何か当ててみるね〜」

子ども達の目にワクワク感が現れて、
答えを待っています。
聴いちゃったから知ってるんですけどね(爆)

「みんな美味しそうだね。
  で、まんなかのは、お芋かなあ?」


「当たり〜!!」

子ども達は大喜び嬉しい

ツカミはOKグッド

嬉しそうにお話しを聴いてくれて、
質問もいっぱいしてくれましたよ

甲運保育所のお友達、ありがとうね〜!!

そして、年内の最後を飾ったのは、
冬やすみの児童館―。
中道南児童館です。

伺ったのは、暮れも押し詰まった12月27日です。
なので、きっともうお正月モードなんだろうなあ・・・
そんな予想で、やっぱり冒頭のツカミを考えました。

そしたら、イカさんのイラストがあったんです。
なんでも、アニメのキャラクターなんだそうですが、
あいにく自分は知らなかったんです。

で、このイラスト使っちゃえと思って、
そのイカを1パイ、胸に貼り付けちゃった(^_^)v

で、こんなお話しイカがですか?と、
イカのお話しからスタート!!

イカらず楽しそうにノッてくれて、
今回も、ツカミはOK

授業が始まりました。

そしたらね。
学年が揃っていたので、

突然ですがで
マスクをしたままではありますが、
グループワークをやってもらっちゃったんです。

Kちゃんを苦しめたのは、

人が作った「釣り糸」

でも釣り糸は、

漁師さんも使う大事なもの

簡単に使うの止めた―
なんて訳にはいきません。

どうしたらいい?

釣り糸は作っても大丈夫かな?

作るとしたら、どんな素材でできるかな?

そもそも、別の方法で魚獲った方がいいんじゃね!?

そんなテーマを投げかけてみたら、
学年毎にみんな違って、
みんないい答えだったんですよ。

やあ、あんなに突然にワークを振って、
見事に応えてくれた子ども達、ありがとう!!

お年玉、いっぱいもらったかな。
楽しい、お正月になったかな!?

この授業が終わった後、
俄にオミクロンの急拡大が始まりました・・・







[ 1 - 5 件 / 505 件中 ] 次の5件 >>